注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

義母の得意料理は避けて…義家族の訪問、夕食はパエリアが無難!?

コミュニケーション

2019.07.15

2019.07.16

義理の家族が自宅にやってくると、どんなご飯を出すべきか悩んでしまいますよね。特に泊まっていく場合の夕食は、「おもてなしの料理だし、何を出すべきか悩む」という人が少なくありません。世間の人は、どんな風に切り抜けているのでしょうか。

 

寿司やパエリアがちょうどいいかも!


おもてなし料理として圧倒的な支持を集めていたのが、「寿司」系のメニュー。「もてなされる側としても、好き嫌いがそんなにないし無難でいいと思う」「お酒飲む時にも合うし、飲まなくてももちろんおいしいから便利だね」との声が上がっていました。

 

また、ポイントになるのが「豪華なのに簡単」なところ。「手巻き寿司にすれば、調理の手間が省けるうえにバリエーションが出て面白いよ」「ちらし寿司なら、基本失敗しない。イクラとか鰻みたいな豪華なものを乗せれば、それだけで美味しいからおすすめ」と、寿司系の料理を重宝している人は多いようです。

 

お洒落に見える洋食にも簡単メニューが。「パエリアはホットプレートで簡単にできるし、ちょっと焦げてもおこげが美味しい」「カプレーゼとかカルパッチョは、見た目がいいけど調理は簡単」「ゼリーって意外と簡単に作れますよ」など、見栄えのいいお手軽料理は少なくありません。

 

品数を増やすのが「豪華見え」のコツ


具体的なメニュー以外でも、「とにかく品数で勝負だよ! 簡単な料理でも、品目を増やせばごまかせる」といった様々な工夫が見られます。「普段両親が食べないような、お洒落っぽい洋食を出せばいい」「和食だったらマットや箸置きを和風っぽくして、見た目で勝負」「品数を増やすときは、小鉢じゃなくて大皿にドーンと盛ると豪華に見えるよ」などの技が見られました。

 

また、「義母の得意料理は避けた方がいい」とのアドバイスも。普段から食べていて、味の良しあしがすぐに判断できる料理は避ける人が多いようです。他には、「硬い料理を出しても平気かどうかは旦那さんに聞いておいた方がいいよ」との注意もありました。飲み物に関しても「ビールが好きなのかどうか確認! そもそもお酒を飲むか知っておくのが献立作りにも重要」と、事前のリサーチを勧めています。

 

旦那さんに義両親の好みを聞くときは、「お義母さんは煮魚と焼き魚どっちが好き?」など具体的に質問するとGOOD。旦那さんが気を遣って「何でもいいよ」などと言い出すのを防ぎましょう。

 

義家族が泊まりに来るときの準備って?


義家族のおもてなしで困るのは、料理だけではありませんよね。「自宅に来るのを想像しただけでお腹が痛くなる」と、プレッシャーに感じる人も多いようす。「あまり頑張らない方がいいよ」「一生懸命おもてなしして居心地よくしちゃうと、今後どんどん来るようになるかも…」といった声も上がっています。

 

「掃除はとにかく徹底すべきだけど、とにかく水回りは頑張った」「うちの義母は庭チェックもしてくるから、除草剤撒いてきれいにしました」など、事前の準備にはかなり気を遣っているよう。実際に義家族が来てからは「旦那の呼び方とか、旦那に対する尽くし具合をいつもよりちょっとだけ良くしてる」「夫に『いつもと違くない?』って言われたら『照れ屋なんだから~』って返せばOK」など、「いい奥さん」の演出を心掛けている人もいました。

 

おもてなしのレベルとしては、相手に合わせるのが無難かも。「義実家に行ったときにやってもらったことを基準にするといいですよ」「義実家に行ったときに外食だったなら外食。手料理だったなら手料理が良いと思う」との意見が続出しています。

 

「薬とかを飲むかもしれないから、水は自由に飲めるようにコップの場所とか教えておく」などの細かなアドバイスもありましたが、「がちがちに準備しすぎても居心地悪いし、適度が一番」「おもてなしって結局気持ちだから、歓迎する気持ちさえあれば至らないところがあっても大丈夫」という声も。無理はしすぎず、お互いに楽しい時間を過ごせるといいですね。

 

文/牧野聡子

 

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る