注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

嫁を悩ませる義両親からの孫ハラスメント……「2人目は?」「次は男の子で」にどう対応する?

コミュニケーション

2019.05.03

185-1

 

結婚することで、新たに生まれる悩みといえば、義理の両親との関わりについてです。「夫の両親」と思うと、やはり気を遣ってしまう場面も多いもの。自分の親のように、「なんでも言い合える関係性」とはいきませんよね。

このような関係性の中で、特に嫁の気持ちを逆なでするのが「孫はまだ?」攻撃です。心をすり減らす義両親からのアプローチに、上手に対処する方法を教えます。

 

■一人産んだからといって安心できないのが、孫ハラスメントの実態

義理の両親にとって、嫁が産む子どもは大切な孫。もっとも孫ハラスメントがひどくなりがちなのは、第一子妊娠前だと言えるでしょう。

しかし近年、メディアで「さまざまな夫婦の形」が取り上げられる機会も多くなってきています。本心では「孫はまだ?」と思いつつも、「余計なことを言ってはいけない」と、ぐっと我慢している方も増えていると考えられます。

しかし問題は、一人目の子どもを産んだあとのこと。「孫が生まれたのだから、これで満足だろう」と思うのは危険です。義理の両親は悪気なく、「一人産んだのだから」という理由で、「次はまだ?」「二人目は女の子がいいわね」なんて言葉をかけてくる可能性もあります。

実際には、夫婦の子どもに対する考え方や二人目不妊の問題など、いろいろ考えた上で「今はまだ」と思っている夫婦も多いはずです。こうした気持ちを無視して、一方的に義理の両親の気持ちを押し付けられたように感じると……やはり精神的負担を感じるママも多いのではないでしょうか。

「義両親に悪気はないから」と我慢するママもいますが、悪気がないからといって、何を言っても良いというわけではありません。今後、円滑な関係を継続していくためにも、「それは言われたくない」という事実を、やんわりと伝えることも大切です。

 

■夫から伝えてもらうのがベスト

嫁の立場で、義理の両親に「それは孫ハラスメントです!」と伝えるのは勇気が要ること。その一言をきっかけにして、嫁と義両親の間に溝が発生してしまう可能性もありますから、できるだけ別の方法を選択するのがオススメです。

別の方法の中で、もっとも効果が高いのが「夫の口から伝えてもらう」というものです。義両親にとって、夫はかわいい息子ですから、その言葉もきっと素直に聞き入れられることでしょう。

このときのコツは、あくまでも「夫自身の考え」として伝えてもらうということです。「二人目については、夫婦でしっかりと考えているから、余計な口出しをしないでほしい」と言ってもらうだけで、「孫はまだか」攻撃がやむケースも少なくありません。

一方、夫の口から伝えてもらう場合でも、「嫌だって嫁が言っているからさ……」なんて、「嫁の気持ちを代弁した」だけでは、効果が薄くなってしまいます。上の場合と同様に、「孫はまだか」攻撃はやむかもしれませんが、義両親と嫁の間の溝は深くなってしまいます。

「孫ハラスメントにはへきえきしているけれど、基本的には良い関係で、これを継続していきたい」と思うときには、余計な波風を立てない伝え方について、夫にしっかりレクチャーしておくのがオススメですよ。

 

185-2

 

■自分でかわすスキルも高めよう!

夫から伝えてもらうと、状況はかなり改善するケースは多いのですが、中には「息子に伝えても駄目だから、お嫁さんを直接鼓舞しよう!」なんて、別の方向に張り切ってしまう義両親もいます。

この場合には、やはり自分自身で嫌な言葉をかわすスキルが必要となります。

もしも「二人目はまだ?」「次は女の子がいいわ」なんて言葉を掛けられたら、以下のような定型文で対応してみてください。

・そればっかりは、神様次第ですから~
・そんなこと言われると、プレッシャーを感じてしまいます!
・夫に伝えてもらえます?

妊娠や出産、そして子どもの性別については、夫婦の努力だけではどうにもならないことも多いもの。一度でも妊娠や出産を経験した女性であれば、実体験の中で理解できているはずです。

孫フィーバーで、そうした事実を忘れてしまっているのだとしたら……お嫁さんからの冷静な一言で、我に返るかもしれません。あくまでもニコニコしながら、チクリと本音を伝えていきましょう。

また、「二人目に乗り気ではないのは夫の方」というアピールをさりげなくすることで、義両親の矛先を、夫の方へと向けられる可能性も。デリケートな問題を急かされて、モヤモヤした気持ちを抱くのは男女共通ですから、夫が義両親にうまく話してくれるかもしれません。

さりげない言葉の中に、自身の本音を忍ばせることで、孫攻撃を受けたときも冷静に対処できるのではないでしょうか。

 

■まとめ

義理の両親からの孫ハラスメントで悩む女性は、決して少なくありません。早い人では、「第一子を産んだその日に、もう第二子の話を持ち掛けられた!」なんてケースも存在しています。「さすがにそれは……」なんて、苦笑いをするしかなさそうですね。

孫が楽しみな気持ちはありがたくても、実際にハラスメントとなると、話は別。安定した夫婦関係のためにも、また義理の両親との間に余計な波風を立てないためにも、上手に対処したいところです。

まずは夫を味方に引き入れ、自身の気持ちを理解してもらうところからスタートしましょう。「夫なら、私の気持ちわかるでしょ?」と思いこむのではなく、義両親からのどんな言葉が負担になるのか、わかりやすく伝えてみてください。夫の口から説明してもらうことで、円満な解決を目指せるはずですよ。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る