注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

義母と会うとどっと疲れが出ます… あなたの周りにも潜む「エナジーバンパイア」に辟易

コミュニケーション

2019.02.16

20190214banpaia01特に何をされた訳でもないのに、「なぜかこの人と一緒にいると疲れるな…」と思った経験はありませんか? 最近ではこうした“悪影響”をもたらす人を「エナジーバンパイア」と呼ぶそう。とある女性も身近な「エナジーバンパイア」の存在に苦しんでいます。

 

負のオーラを生み出す「エナジーバンパイア」


「エナジーバンパイア」とは、“他人の運気やエネルギーを吸い取る人”や“他人を不快にさせて自分の精神を安定させようとする人”などを指す言葉。「義母がまさに『エナジーバンパイア』です。別にイジワルされるワケではないのですが、別れる頃にはどっと疲れが溜まります…」と彼女はコメントし、義母の“何かと他人を過小評価して愚痴を言う”性格が気になるそう。

 

彼女は続けて「一緒にいると負のオーラに包まれて、自分までネガティブな気持ちになってしまいます。今後も関係は続くし、どうすべきでしょうか」と悩みを打ち明けました。

 

彼女の悩みに対し、まずリアクションとして多かったのが「『エナジーバンパイア』って言葉、初めて知った!」との感想。「次から次へと新しい言葉が生まれるね…」「同じ意味合いで、『エネルギーバンパイア』って言葉もあるらしい」といった声が続きましたが、一方で「言葉は初めて聞いたけど、そういう人って昔からいるよね」「やっとネガティブマンを指す言葉が生まれてくれた!」との意見も多く上がっています。

 

「エナジーバンパイア」とは距離を置くべき?


職場に「エナジーバンパイア」がいるという男性は、具体的な被害を打ち明けています。「同僚はとにかく“機嫌の悪さ”を隠さないヤツ。嫌味も言うし、後輩には高圧的な態度。だんだん周りの空気が重くなる…」とコメントし、「こういうヤツは、何を言っても変わらないんだよね」と辟易したようす。

 

また“体調が悪いアピール”を続けるタイプの「エナジーバンパイア」の姿も。ある20代のOLは、「職場の後輩が常に『今日体調が悪くて…』を連発してくる。何をするにも覇気がないし、一緒にいるとこっちまで体調悪くなりそう(笑)」「どうやったら仕事をもっと楽しんでくれるのかな…」と複雑な胸中を抱えています。

 

一方ネット上では、「エナジーバンパイア」の対処法を披露する人も続出。「関わらなくていい人だったら、例え食事に誘われたとしても“無視”が鉄則」「彼らはとにかく“負の感情ゲーム”に引きずり込もうとしてくる。そこは一定の距離を置いて、“信頼しつつ放置”するのがポイント」「なるべくSNSでも繋がらない方がいいよ」といったアドバイスが上がっていました。

 

職場でイラッとしてしまう行動


「エナジーバンパイア」は特徴的なキャラクターですが、他にも職場には様々なタイプの上司や同僚が。メディケア生命保険株式会社は「ビジネスパーソンの疲れとストレスに関する調査2018」を実施し、“具体的にどのような人間関係がストレスになるのか”を明らかにしています。

 

まずは「職場にこんな社員がいたら嫌だ」という質問。結果は1位から順に「無茶振りをする上司(45.5%)」「気まぐれな上司(42.7%)」「パワハラ上司(42.4%)」「仕事を覚えようとしない部下(38.2%)」「注意すると逆切れする部下(33.4%)」がランクインしました。

 

続いて「仕事をしている時に他人の行動で思わずイラッとしてしまうこと」を尋ねると、1位となったのは「おしゃべりばかりしている」で30.6%。次いで2位は「ため息ばかりつく(26.7%)」、3位には「電話に出ない(23.5%)」が入りました。また男女ともに15%程度の人が、「デスクでニオイのきついものを食べる」「オフィス・職場内をドタバタ走る」「独り言を言う」を“イラッとする行動”として挙げています。

 

ついつい周りが発する“言葉”や“雰囲気”は気になってしまうもの。しかしあまり流されずに、“自分の意思”をしっかりと持っていたいですね。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る