注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

義両親に好かれる&嫌われるお嫁さんの特徴

コミュニケーション

2019.03.13

190-1

 

義理の両親と円滑な関係を築くことができれば、結婚生活においてさまざまなメリットを得られるものです。大変なときに少し助けてもらえたり、子どもの世話を気兼ねなくお願いできたり……。周囲の助けが必須の働くママたちにとって、義理の両親の存在は非常に大きくなっています。

義理の両親と良い関係を築きやすいのは、ずばり、「義両親に好かれる嫁」です。どんな嫁が好かれやすく、またどんな嫁が嫌われやすいのでしょうか。「嫁」となった全ての女性が知っておきたいポイントをまとめます。

 

■義理の両親に好かれる嫁の特徴3つ

世の中には、特別なことをしているわけではないのに、なぜか義理の両親から好かれ、可愛がられる嫁がいます。

もちろん義理の両親と嫁との相性によっても状況は異なりますが、ちょっとしたコツを実践するだけで、好かれる可能性をぐんとアップできるのです。

義理の両親に好かれる嫁の特徴を、3つ紹介します。ぜひ積極的に取り入れてみてください。

★にこにこと挨拶できること

義理の両親に会ったとき、にこにこと気持ち良く挨拶できる嫁は、文句なしで好感度が高いです。まずはここで株を上げることで、その後の会話もうまく進んでいくでしょう。

コツは「会えてうれしい!」という気持ちを前面に押し出すこと! ぎこちない笑顔にならないよう、十分に注意しましょう。「緊張して、つい……」なんてときには、女優になった気分で頑張ってみてくださいね。

★好感を持ち、適度に褒められること

義理の両親の行動やセンスに対して、好感を抱き(もしくはそのフリをして)、ポイントを絞って褒められる嫁も、愛され上手と言えるでしょう。「あら、○○ちゃん、わかっているわね!」なんて、一気に距離を縮められる可能性も大です。

義理の両親に好かれる才能に恵まれている方は、ごく自然にこなしていますが、素人が突然実践しようとしても、難しいのが現実です。普段から義理の両親が、どんなことに関心を抱いているのか、観察するところからスタートしましょう。

★積極的に会話を楽しむこと

まだ関係性が深まっていない時期には特に、「義理の両親も、嫁と何を話せばよいのか悩んでいる」なんてケースも少なくありません。嫁側が上手にリードして、会話を進めていくことで「一緒にいて居心地が良い」と思われやすくなります。

会話のリードといっても、特別なことをする必要はありません。まずは相手の「話したいこと」を、心を込めて聞くところからスタートしましょう。そして、気になる部分や相手がもっと話したそうにしているポイントについて、質問をすればOKです。

また相手の興味・関心がわからないときには、「夫の話」や「子どもの話」をしてみるのも良いでしょう。アドバイスを求められると、非常に良い気分になる義理の両親も少なくありません。

■義理の両親に嫌われる嫁の特徴3つ

残念ながら世の中には、義理の両親から嫌われやすい嫁も存在しています。「特別なことはしていないはずなのに、なぜか嫌われているっぽい……?」と感じたら、以下の項目に当てはまっていないかどうか、チェックしてみてくださいね。

★義理の両親との距離を置きすぎる

嫁の立場にいる女性にとって、義理の両親と過ごす時間は「特別な理由がなくても億劫に感じがちなもの」です。たまの休日、久しぶりに休めると思ったのに、義理の両親の家で気を遣って過ごすことになったら……思わずゲンナリしてしまう気持ち、よくわかります! ときには、「夫と子どもたちだけで出かけてもらう」なんてこともあるのかもしれませんね。

家族みんながハッピーになれて万々歳……と思いきや、実は義理の両親側はモヤモヤした気持ちを募らせていることも。「無視されている」「嫌われている」と感じる相手に対し、好感を抱くのは非常に難しくなってしまいます。

★夫の悪口を言う

妻として、夫に対してアレコレと思うところはあるでしょう。しかしそれを、義理の両親に正直に伝えすぎるのもオススメできません。義理の両親にとって、嫁は所詮他人であり、息子はいつまで経っても可愛い子どもです。

自分たちの大切な息子を悪く言われれば、カチンとくるのが人情でしょう。どうしても夫の愚痴を言いたいときには、自分の両親や信頼できる友人に聞いてもらった方が良いでしょう。

★相手のことを否定する

昔と今では、状況が異なることも多いもの。特に「子どもの教育」に関しては、親世代とはそもそも「常識」が異なるケースも少なくありません。

こんなとき、つい義理の両親のやり方を頭ごなしに否定してしまうことがありますが、これは嫌われる原因の一つです。どうしても伝えなければならないことは、クッション言葉を使って柔らかい表現にしたり、夫の口から伝えてもらったりと、工夫することが大切です。

 

190-2

■まとめ

義理の両親と円滑な関係を築きたい嫁にとっては、「愛される嫁の特徴」を備えていることは、非常に重要なことだと言えるでしょう。「嫌われる嫁」の特徴に当てはまる点があれば、すぐに改善したいところですね。

とはいえ、「愛されよう!」と頑張れば頑張るほど、嫁の気持ちが疲れてしまうこともありますし、相手の方が一歩引いてしまうことも考えられます。義理の両親との関係性だけに限らず、「好かれたい! 好かれよう!」とアレコレ頑張り過ぎる人に対して、なんとなく痛々しさを感じてしまう方は多いはずです。

義理の両親とは、あくまでも他人同士で、「友だちのような仲良し」を期待するのはもともと無理だと言えるでしょう。ときには適度な距離を置きながら、程よいレベルで「愛される嫁」を目指してみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る