注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

義父母が「帰省できない」を逆手に取った?! 突然「来ちゃった」だけは勘弁して!!

コミュニケーション

2018.12.26

いよいよやって来た年末帰省シーズン。「できれば義実家への帰省は遠慮したい」という本音を持つママたちも多いのでは? なんとか理由をつけて帰省をまぬがれ「冬休みはパラダイス!」と思った瞬間…突然ママ達を襲った年末年始の恐怖事件をお聞きください。

 

ドッキリ作戦大成功?!(しおりさん/32/育休中)

下の子が生まれたばかりのわが家、生後2か月の娘と4歳の息子を連れての新幹線移動はさすがにきついので、年末年始は自宅でのんびり過ごすことにしていました。姑には事前にそう伝え「そりゃそうよね。また落ち着いたら遊びに来てちょうだい」という話になっていました。

「今年の年末年始は、ストレスフリーだ!」と内心ガッツポーズの私…ところが、大晦日の前日に来た姑からのメールに目を疑いました。

そこには「もうすぐ東京に着きます。なにか欲しいものがあればメールしてね」という報告。「え、どういうこと? うちに来るってこと?」と混乱する私に、旦那も「なにも聞いてない」とのこと。そして2時間後、義父母はうちにやって来ました。それも、明らかに長期滞在する気満々の大荷物を抱えて。

shutterstock_631861460

「突然いらっしゃったので驚きました」と遠回しに迷惑感を伝えると、姑は「来られないって言うから、私たちが来たのよ~!! ドッキリ作戦大成功!!」と満面の笑み…まさかそんないらないサプライズをいただくとは、思いもよりませんでした。

わが家はホテルじゃないです(ともかさん/43/事務)

もうすぐ年末を迎える時期に、姑から電話がかかってきました。「清水寺って、あなたの家からどのくらいかかるの?」「え? 車で5分くらいですけど…」「あら、けっこう近いのね!」という謎の会話。「なんだったんだろう…」とその場では意図がわからなかったのですが、後日明らかになりました。

その日は楽しいクリスマス、4歳の息子と一緒に旦那の帰りを待っていたら、またもや姑から電話が。なにかと思ったら、「年末年始、そっちで過ごすことにしたわ。人生で一度は、清水寺の除夜の鐘を見てみたかったし、最近できたショッピングモールに行ってみたかったし…年明けセールもしてるかしら!」と一方的に年末の予定を話し始めたんです。

(除夜の鐘ってことは、大晦日に来るの? 年明けセールって、まさか元旦以降も帰らないつもり?)と頭のなかはパニック。「ものすごい人混みですよ」「お義母さんが好きそうなお店はないですよ」という婉曲なお断りも通用せず、「いいのいいの、大丈夫! じゃあね」と流されてしまいました…せっかくのクリスマス気分は一転して暗黒。

shutterstock_302712092

数日後、予告通りうちに来た義両親は、お目当ての場所を巡っては戻り…結局4泊も、まるでホテルのようにわが家を利用していました。新年早々、もうヘトヘトです。

忙しいみたいだから…(りみさん/37/営業)

育休が終わり、共働き生活に加えて保育園の通園もスタート。目の回るほど忙しい毎日を必死にこなしていた私は、「正月くらいはゆっくりしたい」という気持ちに…そこで、忙しさを理由に義実家には帰らないことを決意しました。

12月に入って作戦を開始。「今年は何日に帰って来るの?」と何度も聞いてくる姑に、「年末年始も仕事でバタバタしていて…もしかすると行けないかもしれません」「やっぱり仕事に追われていて…今年はちょっと行けなさそうです」と数回に分けて忙しさをアピールした結果、ようやく「そう、大変ね。無理しちゃだめよ」と姑も諦めてくれたようで、作戦は成功したかのように見えました。

大晦日はお笑い番組三昧、元旦は宅配おせちを堪能、子どもを旦那に任せてセールに…と、考えただけでワクワクが止まりません。指折り数えて休みを待っていたところ、旦那が「なんか、おやじたちが泊りに来るみたいだぞ」というじゃないですか。

shutterstock_89215027

まさか、と思っていた翌日…本当に義父母が車でやってきたんです、「忙しいみたいだから、来ちゃった」と言いながら! 結局、楽しみにしていたお笑い番組は歌番組に変えられ、おせちは量が足りなくてほとんど食べられず、セールどころかずっと義母の話相手…もう最悪。仕事のほうがマシでした。


「忙しいから行けない」が通じないのか、はたまた逆手にとっているかのような義父母の行動力。でもまさか「行きたくない」とは言えないですしね…さすが年の功、一枚上手にヤラれた! といったところでしょうか。

shutterstock_18505135

ライター:楠 ゆず
娘と夫、茶トラの猫の3人+1匹で暮らすフリーライター。思い切ってマンションを購入し、ローンパラダイスへ突入中。幼児教育にハマってしまい、興味をもった教材は手に入れないと気が済まない。おかげで家には教材の山が…。断捨離欲と収集欲の葛藤に悩む日々です。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る