コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

家・財産・介護…狙いは何だ?! 未亡人になった姑の再婚相手がどうもヤバい奴

コミュニケーション

2018.11.08

夫が亡くなって心細い思いをしていた姑が、なんと再婚…喜んであげたいのはやまやまだけど、その「人選」がとんでもなく危険なんです! 遺産問題・同居問題・果ては介護問題までからんできて、心はざわつきが止まらない!! 一家総出の波乱の渦中にあるママたちに、お話を聞きました。

 

相続放棄を早まったと後悔(深月さん/34/校正者)

 

2年ほど前に義父が亡くなりました。そこそこの遺産があったのですが、話し合いの末、夫と義弟は「ひとりになってしまった姑が生活に困らないように」との配慮から相続を放棄したんです。私も反対はしませんでした。

義父がいなくなってから姑が落ち込んでいたので、夫と一緒に「できるだけ外に出た方がいいよ」と勧めました。最初は気乗りしない様子でしたが、しばらくするとお化粧をして、しばしばどこかへ出かけるように。見違えるようにイキイキして来たので安心したのです。

shutterstock_515749957

ところが…姑が通っていたのは、とある健康食品の販売会でした。いわゆる「催眠商法」というやつで、お年寄りなどを集めて会場の雰囲気を盛り上げ、商品を高額で販売するんです。「もう行かないほうがいい」と夫が説得しましたが、姑は聞き入れませんでした。

そうこうしているうちに、なんと姑が「再婚する」と言い出したんです。相手はその即売会でバイトをしていた人で、姑より15も下の50歳。定職にはついておらず、義母との結婚が決まったとたんバイトも辞めてしまいました…お金目当てですよね。夫も義弟も大反対しましたが、姑は完全無視。「相続放棄しなければよかった」と後悔しています。

再婚相手一家が実家に入る?!(涼子さん/41/リサイクル店勤務)

 

私が夫と知り合ったとき、義父はすでに亡くなっていました。夫はひとり息子なので、やがては姑との同居を覚悟してたんです。姑もその気で実家を二世帯にリフォームする計画も出ていました…でもメチャクチャ気が強い姑のこと、私は気が進まずにいたんです。

ところがあるときから、姑が同居の話をいっさいしなくなりました。変化はそれだけでなく、性格も穏和になって、私にまで優しくなったんです。「なにかある」と思ってはいたのですが、案の定「紹介したい人がいる」と言い出しました。

shutterstock_150195551

お相手の男性はかなり前に前妻と離婚、男手ひとつで子どもたちを育てて来たとのこと。30代の息子と娘はいずれも独身で、いまだ親と同居しているんです。それが再婚後は、家族全員で夫の実家に引っ越してくるというから…驚きです。

姑との同居の話がなくなったのはありがたいですが、夫は納得していないようですし、なんだか心がざわざわしています…。

これで僕の老後も安泰だ(里帆さん/36/看護師)

 

私は看護師をしているのですが、独身のころはよく、年配男性の入院患者さんに「息子の嫁にならないか」と言われました。目論見は分かっています「嫁が看護師だと自分の介護をしてもらえる」と思ってるんですよね。結婚後はさすがに私へのお声がけはなくなりましたが…まさか「こんなこと」になろうとは思いもよりませんでした。

shutterstock_589302683

私が勤める病院に入院を繰り返している男性がいるのですが、奥さんが亡くなっていて子どももいないので少し同情していました。そのせいか私のことを気に入っていて、いつも「旦那と離婚したら僕と結婚して」などと冗談半分に言って来るのが、ちょっと嫌だったんです。

そして去年。うちの病院に姑が通院していたときのこと、入院中だった例の男性と知り合いました。義父はすでに亡くなっているので姑は独身、あれよあれよという間に2人の結婚が決まってしまったんです! 

報告を聞いたときはまだ、「彼がたまたま姑を好きになったのだ」と思っていました。ところが先日「これで僕の老後も安泰だ」と、妙に含みある口調で言われびっくり。夫は長男なので、彼の狙いどおり私が介護をすることになるのでしょうか…どうにも気が重いです。

女性の平均寿命も長くなっている昨今、まだまだ先の長いシニア世代。豊かな老後を過ごして欲しいとは思いますが、これまで築いてきた家族や家や財産や…多くのしがらみの中で「純愛を求める」のは難しいことですね。

shutterstock_142894978 (1)

ライター:新海彩夏
ドラマ好きの専業ライター。いつまで経っても上達しない家事で、夫を呆れさせています。友人から夫婦間や家族間の悩みを打ち明けられることが多いのですが、内心ワクワクしながら聞いているとは、口が裂けても言えません(笑)。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る