注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

姑の今回のあだ名は「エリザベス」…義家族の〝旅行ルール〟が超痛い!

コミュニケーション

2018.10.30

「結婚しようと思った相手と旅行をしてみる」というのは、相手の見極め方ひとつ。「旅行」という非日常では、日常生活では見えなかった、意外な面が見えてくるものです。今回ご紹介するのは、夫の家族との旅行で「義家族の意外なルール」に直面した妻のお話…果たしてその中身とは?

 

行き先は当日、日本地図に目隠し画びょう(優さん/30/医療事務)

 

旦那家族と初めて行った旅行が最悪でした。当日まで行き先は知らされず、旦那の実家に行ったら日本地図が用意されていました。その地図をテーブルに置き、目隠しをした姑が画びょうで突き刺し…そう、これがこの家の「旅行ルール」。まるで某テレビ番組のようなシステムで、当日に行き先を決めていたんです。

shutterstock_709573924

しかも今回、決まった行き先は鹿児島県…私たちが住んでいるのは東京ですよ。すぐさま宿泊先や飛行機の手配をしようとしますが、大型連休中ということもありなかなか取れません。仕方なく新幹線で行くことになりました。しかも、宿泊先も決まっていない状態でしたが、「なんとかなるよ!」という、義父のなんの根拠もない自信発言で旅行はスタートしました。

すべてを計画的に実行しないと気が済まない私にとって、この無謀な旅行は苦痛でしかなかったんです。でも、旦那家族は楽しそうに談笑しています。新幹線での移動中、私は必死に宿泊先を検索しましたが、結局取れたのは周りに何もないさびれた旅館でした。

到着も遅くなってしまったため、食事の用意もない素泊まりです。その日は、駅で買った駅弁が夕食になりました。「この家族に任せていたらとんでもないことになる」そう思った私が、翌日以降のすべてのプランを考えたのは言うまでもありません。

仲居さんへのチップが半端ない高額!(陽子さん/35/パート)

 

旦那家族と初めて温泉旅行に行ったとき、姑の行動に驚愕してしまいました。私たちが泊ったのは、その温泉地のなかではちょっと高級な旅館でした。旦那の両親も行くということもあり、気を遣って私が選んだものです。部屋は、全員で泊れるように大きい部屋を選び、外観やエントランスもとてもいい感じで満足していました。

shutterstock_1118754206

感じのいい仲居さんが部屋まで案内してくれ、家族でひと段落ついたときです。姑が突如財布を取り出し、義父に「いくらにする?」と聞いたんです。なんのことか分からず、聞き耳を立てていると、どうも仲居さんに支払うチップの話のよう。

そもそも、旅館の料金にはサービス料も含まれています。しかも、その額がとんでもなかったんです。「じゃあ、いい旅館だから5万にしよう」という義父の返事に驚愕、だって宿泊料ひとり分より高い金額です。驚いていると、なんと姑が「あなたたち夫婦も5万出しなさいね」と、驚きの発言をしたんです。

どうもこの家族は、旅行のたびに毎回高額チップを払うルールがあるようで、今回は二家族で来たのだから倍の10万を払うというのです。さすがに旦那を説得して、我が家は見逃してもらいましたが、あまりの感覚の違いに驚きを隠せませんでした。

今回の「旅行ネーム」は何する?(瑞穂さん/30/パート)

 

旦那の家族と初めて旅行に行ったときのことです。その日は、舅の車に全員で乗り、隣の県の温泉に行くことになっていました。旅行当日まで楽しみにしていたのですが…当日の車内で明かされた義家族の「旅行ルール」が超痛いものだったんです。

それは、姑の謎の呼びかけで始まりました。「じゃあ、今回のあだ名どうする?」。私の頭には「?」が飛びまくり、すると旦那が言うには「子どもの頃から家族旅行のときは、毎回あだ名をつけて呼び合うという」のです。

話し合いの結果、姑は「エリザベス」、舅は「メリオダス」、旦那は「アレック」、息子は「シーザー」、私は…「ポチ」になりました(なぜ私がポチかというと、考えるのが面倒くさくなり自分からポチでいいと言ったんです)。

shutterstock_62913508

でも、大変なのはそれからでした。姑のことは「おかあさん」と呼んでいたので、急に「エリザベス」と呼ぶなんて考えられません。しかも、全員分のあだ名を覚えるのもひと苦労。旦那家族は慣れっこで、外国人ファミリーのように楽しそうにあだ名で呼び合っています。

相手を呼ぼうとするたびに(え、なんだったかな…?)と考える、まったく気が休まらない旅行になりました。最後はどうでもよくなり、姑のことは「女王」と呼んでいました(笑)。

“郷に入れば郷に従え”にも限界があるもの。義家族の謎すぎるルールに遭遇したとき、あなたは旅を続けられますか?

shutterstock_13894954 (1)

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る