注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「姑との個チャが意外とイイ♪」おつきあいが絶好調になるLINE活用法

コミュニケーション

2018.10.22

保護者会やPTA、家族やママ友など、いまやあらゆる連絡に欠かせない「LINE」。めんどうがられることが多い「義家族グループ」や「ママ友グループ」ですが、上手に使いこなせば人間関係を円滑に回すナイスなツールに! ママたちの活用法を聞きました。

 

「家族グループ」で姑の訪問回数が激減(千尋さん/28/ピアノ教師)

 

長男が産まれてから、姑がうちに来る頻度が高くなりました。仕事をしているので育児を手伝ってくれるのはありがたいのですが、一緒に夕飯を食べたりすることも多いため、リラックスできなくて。

何か対策を打たなくては…と思っていたとき、義妹に子どもが産まれました。「これで姑が来なくなる!」と喜んだのも束の間、義妹の夫が海外転勤になってしまったんです。娘にも孫にも会えなくなった姑はガッカリ…あまりの落胆ぶりが心配になったのか、義妹がLINEの家族グループを作りました。

shutterstock_659107009

私も招待され、最初は「ウザいな」と思っていたのですが、意外なことが起きました。義妹が赤ちゃんの写真を頻繁に送ってくれるので、私も長男の写真や動画をマメに送るようにしたところ…なんと、姑が来る頻度が減ったんです! 

LINEだといながらにして孫の姿も見られるし夫や義妹とも話せるので、わざわざうちに来て家事や育児を手伝うより、ラクに楽しめるんでしょうね。いまは「家族LINE様様」という感じです。

ママ友グループLINEでストレス解消(舞さん/32/ネイリスト)

 

半年ほど前、保育園のママ友数人でグループLINEを始めました。保育園の行事はもちろん、予防接種のこととか、休日に見てくれる小児科医院とか、いろんな情報をやり取りしています。初めての子育てをしている私は、とても助けられていたんです。

そのうち次第にみんな打ち解けてきて、こっそり入手した保育園の先生のプライベートな情報を教えてくれたり、美味しいお店の情報を交換したり。みんな仕事があるので平日の昼間はLINEできず、週末に集中するように。といっても週末は週末で、家事をまとめて片づけたりするので、そのうち子どもが寝たあとの時間帯が「ママたちのLINEタイム」になっていきました。

shutterstock_736958713

時間帯が変わると気分も変わって話題も変わり、かなりツッコんだ内容に。夫や姑のグチで言いたいことを言って盛り上がることも多く、すっかりストレス解消の場に! 睡眠時間が減ってしまうこともありますが、いまではグループトークが一番の楽しみになっています(笑)。

グループLINEを経て姑と個人チャット(順子さん/38/パート)

 

少し前に、姑がガラケーからスマホに買い換え、自ら「義家族LINEグループ」を作ったんです。私も招待されたので、しぶしぶ参加しました。メンバーは義両親と独身の義兄、夫と私です。初めのころは、姑が夫にむけて頻繁にLINEを送って来ていました。

当初は夫もそれに応じていたのですが、もともとマメではない性格も手伝い、だんだんスルーするように。それでもあれこれ話しかけて来るので、嫁としては無言でいるわけにもいかず、夫の代わりにレスするようになったんです。「ただでさえ忙しいのに…」と恨めしい気持ちでしたが、会ったときにあれこれ言われるよりマシだと思いました。

shutterstock_653111785

ところがそのうちドラマの感想を言い合ったり、イケメン俳優の話をしたり、まるで友達とLINEしているかのような感覚に。正直、こんなに姑と打ち解けられるとは(笑)。でも夫からは「LINEがバンバン来てウザい」と言われてしまったので、ついに姑と個人チャットでLINEするようになったんです。まさかこんな展開になると思ってもいなかったので、自分でもとても意外です。

「義家族のLINEグループに招待された」なんて、考えただけで戦々恐々としてしまいますが、意外と良い結果が出ることも。文章やスタンプに意外な一面が見えたり、かえって本音が出せたり…直接話すのとは違う、LINEならではの良さが功を奏しましたね!

shutterstock_219809920 (1)

ライター:新海彩夏
ドラマ好きの専業ライター。いつまで経っても上達しない家事で、夫を呆れさせています。友人から夫婦間や家族間の悩みを打ち明けられることが多いのですが、内心ワクワクしながら聞いているとは、口が裂けても言えません(笑)。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る