注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

素敵な姑から生まれたはずなのに! 嫌味がスゴイ…トンデモ小姑エピソード

コミュニケーション

2018.09.25

姑が良い人で良かった! これほど良いことはないでしょう。嫁姑問題がクリアされればバラ色の結婚生活が…! なんて思っていませんか? そんなママさんたちの意外な落とし穴。それが小姑です。素敵な姑から生まれたはずの、小姑の嫌味に悩まされているママさんたちも少なくないよう。トンデモ小姑の実態とは!?

弟大好き! アラフォー独身小姑の小言(志乃さん / 33 / 事務員)

shutterstock_1178284147

旦那の実家に帰るたびに、小言を言ってくる旦那の姉にうんざり。付き合っているときから、私のことを娘のようにかわいがってくれているお義母さんの好意に甘え、毎回の連休は旦那の実家で過ごしているのですがそこに、あの小姑がいるんです。

いつも「ゆっくりしていってね!」と笑顔で言ってくれる姑の横で、私のことをにらみつける小姑。40歳になっても独身で、実家に住み着いている彼女は、とにかく弟(旦那)のことが大好き。旦那を私に取られたと思っているのでしょう、ことあるごとに小言を言ってきます。

晩ごはんの準備で台所に立てば、「エプロンが派手だ」とか「そんなに爪伸ばして不衛生」という外見への指摘から始まり、「大根が大きすぎて、弟の口に入らない」とか、キュウリのへたを大きめに切ると「もったいない、食べ物を大事にできない人が、旦那を大事にできるとは思えない」など、とにかくすべてに、いちゃもんをつけてきます。

あんなかわいらしいお義母さんから生まれたとは、到底思えず…。小姑の意地の悪さにいつもイライラ。嫌味でもいってやりたい気持ちは山々ですが、嫁という立場上なにもできず、毎回、苦笑いでかわしています。

「黙れブス!」と心のなかで叫んでます(綾さん / 34 / 医療事務)

shutterstock_1096398422 

旦那家族と私はとても仲が良く、お義母さんにはとくにかわいがってもらっています。「和也(旦那)が浮気したら、私がひっぱたいてやるから!」と豪快に笑う彼女の笑顔が、私は本当に大好きです。

でも、旦那の妹とだけは、どうしても仲良くなれません。彼女はとにかく旦那のことが大好き。いつも家に来ては「お兄ちゃん!」と言って旦那に飛びつき、甘えてきます。そして、嫁である私には、いつも敵意むき出しで…。

ことあるごとに、旦那に「なんでお兄ちゃんは、綾さんなんかと結婚したの?」と、堂々と私の前で聞くんです。それに、彼女とふたりきりになると「綾さんは、見れば見るほどブスだね」とか「もっと痩せないと隣を歩くお兄ちゃんがかわいそう」と…。

決して美人とは言えない小姑から浴びせられる誹謗中傷に、もう限界。「うるさいブス」ととキレてしまう日が来そうで、いまはそれが不安です。

旅館女将の義姉の口癖は「みっともない嫁」(陽子さん / 35/ パート)

shutterstock_1032581434

旦那の実家は有名な老舗旅館。旅館は旦那の姉夫婦が継ぎ、旦那は普通のサラリーマンをしています。大女将である姑も、とても立派な方。さすが有名旅館を何十年も守ってこられた方だなと、心から尊敬しています。

でも、旦那の姉である小姑は、とにかく意地悪で。たしかに老舗旅館の長女というだけあり、きっちりと着物を着こなすその姿は、見とれるほど美しいもの。でも私にとっては、ほんと鬼小姑で…。

そんな彼女の口癖は「みっともない嫁」。主人の実家に帰省すると、私も着物を着て過ごすのですが、着慣れていないため、どうしてもぎこちなくなってしまうんです。すると、開口一番、「みっともない」と一言。

しかも、買い出しなどの外出先で知り合いに会うと、必ず「みっともない嫁ですみません」と言い回るんです。内心、腹が立ちながらも、私もなぜか「すみません」と謝るハメに。小姑にけなされすぎて、一時期、普段の生活でも「みっともない」と思われているのではないかと不安になるほど落ち込んでいました。

そんな私を救ってくれたのが、尊敬する姑の言葉です。「あなたは凛としてきれいな人よ。ちょっと着物が着慣れないだけ。自信を持ちなさい!」そう笑顔で言ってくれた姑の言葉にどれだけ元気づけられたことか…。なんであんな優しい姑から、あんな娘が生まれてくるんでしょう(涙)。

旦那と兄弟関係であるぶん、意地悪な小姑との関係は、姑よりやっかいだったりするようです。トンデモ小姑と遭遇したとき、あなたならどう対処しますか!?

shutterstock_1103641730

ライター:葛西 明

人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る