注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

姑の〝アポなし訪問〟がツラすぎ…そうだ!! 居留守を使ってみよう

コミュニケーション

2018.07.07

2018.09.10

「来る前にはお電話もらえますか?」とお願いしても、おかまいなし。予告もせずに現れる姑に頭を悩ませているママは、意外と多いのではないでしょうか。

それならこちらも対策を、アポなし訪問をやめない姑に“居留守テクニック”で対抗してみました。ママたちの最終手段、果たしてその結果はいかに!

メールを駆使して〝居留守〟予告を送信真理さん/30/不動産事務

私の仕事は平日が休み。それをよいことに近所に住む姑が、私の休みの日をねらって突然家に来るので困っていました。最初は招き入れていましたが、せっかくの休みにはたまった用事も済ませたいし、お昼寝もしたい…。

そこで、姑のメルアドを入手。まめにメールを入れて、訪問封じをしています。

shutterstock_553760968

休みの前日は、「ちょっと体調が悪くて…」と前フリ。そして休み当日の朝、「いま、診察待ちです。すごい行列で、いつ帰れるかなぁ」と〝留守を匂わせる〟メールを送ってミッション完了。これで姑が家に来ることはありません。

また先手を打って「この日は、留守にします」と、翌週の〝居留守予告〟をあらかじめメールしておくのもおすすめ。そうすれば突然の姑の来訪におびえることなく、家でグタグタできます()

もちろん毎週だと怪しまれてしまいますし、「出かけ過ぎじゃない?」 とイヤミを言われかねないので、月に一度の訪問はガマンするくらいがちょうどいいかもしれません。

モニターはしっかり確認、〝前フリ〟も忘れずに!遥さ/28/パート

息子が1才を過ぎて物心がつき始めると、近くに住む姑がアポなしで家に来るようになりました。

そしてそれは、いつも決まっていちばん忙しい時間帯なんです。息子に夕飯を食べさせているところだったり、洗濯とお風呂の用意を同時進行しているところだったり。

義父の帰りが遅いため、どうやら少し遅めの買い物がてらに寄るようで…せめて旦那が帰っていれば、相手をしてもらえるんですが。

だから、最近はインターホンのモニターで確認して「居留守」を使っています。オートロック式のマンションなので、インターホンが鳴るのは1階の玄関前。

shutterstock_763482907

姑には、「ベランダや奥のほうの部屋にいると、インターホンの音が聞こえないこともあるみたいで〜、すみません」と、怪しまれないよう“前フリ”しておけば完璧! 

少し申し訳ない気もしますが、忙しいので許してほしいのが本音です。もちろん、旦那には内緒にしていますが…。

居留守を決め込んだ日は運悪く…(祐子さん/45/メーカー営業

うちと義母の家は自治体も同じご近所さん。義母は土日になると、用事もないのに朝の散歩のついでにうちに来るのがお決まりになっています。休みの日くらいゆっくり寝かせてよ…と、毎週うんざりしていました。


その日は、旦那が早朝からゴルフで不在。「今日はなにがなんでも応対しないぞ」と、居留守を決めこみました。

すると予想通り「ピンポーン♪」と、朝の8時にドアホンが鳴り響きました。昨晩のうちに雨戸を閉めていたので、中の様子はわからないはず…すると、すぐさま携帯電話に着信が。もちろん無視です。


すると、今度は庭から「ゆうちゃーん!」と大きな声が。

…普通、外から呼びます?? 近所迷惑ですよね。それでも無視。するとまた、ドアホンが連チャンで鳴り始めたんです。こんなんじゃ二度寝もできやしません。

今日こそはっきり言おうと玄関を開けると、立っていたのは、義母と自治会長さん。

「今日は地域祭りの準備の日ですが、集合時間過ぎていますよ…」と。

shutterstock_773271568

うっわ〜、すっかり忘れてた! 

あわてて準備をして公民館へダッシュ。私が来ないので、義母が心配して呼びにきたんです。なんとタイミングの悪いこと…またしばらくは、居留守が使えなくなりました。


うまく乗り切れば、角も立たずに万事丸く収まる「居留守」ですが、意外とボロが出ることってありますよね…そういうときに限って。

〝前フリ〟や〝アリバイ〟にはくれぐれも気をつけて、首尾よく切り抜けてください!

shutterstock_166178987

ライター:恭 明日風
住宅会社勤務 兼ライター。家族は大学生の娘と息子、別居婚の夫。お水、営業、広報、人事など多くの業務を経験。離婚、嫁姑問題、夫のリストラや不倫、DVなどの経験を関西お笑い精神を忘れず発信して女性を元気にしたい。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る