注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

同居する姑が決めた〝家庭内ルール〟が校則並みに息苦しい!!

コミュニケーション

2018.07.04

2018.09.10

「世代間ギャップ」なんて言葉をよく耳にしますが、今回お話を聞いたのは「嫁姑ギャップ」に悩むママたち。

姑の理念にしたがって決められた、謎の〝家庭内ルール〟の理不尽さにほとほと困り果てている様子です。さて、どんな不思議なルールなのでしょう?

時代の流れに逆らう〝昔懐かし〟家事ルールにうんざり佳実さん/37/公務員

義実家で同居して3年目。時代遅れの家事の仕方を強要され、慣れない生活が続いています。

義母はもともと節約家で、なんでも“もったいない”と思う性格。実家はルンバで掃除があたりまえでしたが、義母は「ちりとりとホウキ」が基本。玄関や庭ならわかりますが…。掃除機は、押し入れの奥にしまったまま。よほどのことがないと出しません。

shutterstock_622067600

拭き掃除も基本は雑巾。ある日、シート付きの掃除ワイパーを買ってきたら、「そんな有毒な布を使って!」と一喝。むしろ雑巾のほうが、雑菌多いと思うんですけど…。

洗濯機はいまだに「二層式」。全自動洗濯機をこんなにうらやましいと思う日がくるなんて…。

また、クリーニングはよほどのことがないと出せません。中学生の息子の学ランは、浴槽につけて、義母じきじきに足で踏み洗い。それを見たときは、さすがに息子も悲しい目をしていました。

でも、義母が毎日使っているマッサージチェアは、なんとお値段85万円そこだけは最新式なのね。結局、義母の勝手なルールを押し通されているだけなんです。

ここは会社か?!「ほう・れん・そう」を要求するモラハラ姑香奈枝さん/29/通信機営業

姑は姉御肌で面倒見の良い性格。よそのお義母さんよりは、やりやすいと思いますが、昔バリバリの営業マンだったことも影響してか、管理がすごい。「報告・連絡・相談」は基本ルールです。

shutterstock_695932798

家に帰ったら、食事の支度をしながら今日の仕事の報告をするのが決まり。「昨日のお客さん、契約取れた?」「後輩のHくん、最近遅刻してない?」と、私の仕事のことも細かに知りたがり、アドバイスをしてきます。

私が出張から戻ると、「成果は?」と出張報告書を要求。最初はやんわり断っていましたが、あまりにしつこいので、いまは言われる前に見せています。家で、仕事の話はしたくないのに…。

それ以外はとくに嫌なところもないので、これくらいはがまんしないとだめなんでしょうかね。

「年寄りを大事に」は家族がひれ伏す決めゼリフ(理沙さん/32/スーパー勤務

姑はとにかくこだわりが強く、「年長者は大事にしないとね」が決まり文句。とにかく自分の思うようにしないと気が済みません。

年に一度は家族で旅行することになっていますが、行き先を決めるのはいつも姑。子どもはディズニーランドや遊園地に行きたがりますが、姑の希望でこの間も三十三か所巡礼に行ってきたところ。子どもたちもしらけ気味で…ちょっとシブ過ぎますよね? 

shutterstock_363375008

団らんのときに見るテレビも、基本はNHK。アニメやドラマも録画して、姑のいない時間に見ないといけなくて、とても面倒で…。

食事のルールもかなり細かいんです。みそ汁の具は最低3種類以上入れるのが決まり。豆腐とねぎだけだと「年寄りの健康を考えてね」と、クレームが入ります。

毎食必ずなにかにゴマを使う、みそも醤油も減塩タイプしか買ってはいけない、マヨネーズはメーカーまでご指定。反抗するとかえって面倒なので、いまは言うとおりにしています。

不謹慎ですが、いっそボケてくれたほうが楽かもしれません…。

独特のこだわりで決められた姑による〝家庭内ルール〟。確かにこれが毎日のこととなると、校則に匹敵する息苦しさです。

とはいえ、姑の考えを変えるのはなかなか大変なこと。趣味やレジャーで息抜きしつつ、上手にストレス発散をはかってくださいね。

shutterstock_366740810

ライター:恭 明日風
住宅会社勤務 兼ライター。家族は大学生の娘と息子、別居婚の夫。お水、営業、広報、人事など多くの業務を経験。離婚、嫁姑問題、夫のリストラや不倫、DVなどの経験を関西お笑い精神を忘れず発信して女性を元気にしたい。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る