注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「早いほうがいい!」という姑…嫁の都合を無視した〝2人目催促〟をかわす方法

コミュニケーション

2019.10.09

子供を何人もつかというのは、夫婦にとってとてもデリケートで重要な問題です。お互いの仕事や家族像、家計のことも複雑にからみ、そう簡単に決められるものではありません。ところがそんな都合は二の次で〝2人目催促〟を繰り出してくる姑たち…見事な切り替えしを決めたママのエピソードをご紹介します。

 

 

■あとは親子で話し合ってください(成美さん/31/事務員)

iStock.com/Yagi-Studio

ようやく娘も1歳になったころ、姑がやって来て「成美さん、体調はどう? おっぱいはちゃんと出てる?」と、私の体調を気遣うフリをしてきたんです。「ええ、大丈夫ですよ」と言うと、「そう、よかった。なら次の子も安心ね~」と、しらじらしく2人目を催促されました。

そばにいる夫をチラチラ見るものの、聞こえないふりでテレビを見るばかり。私が黙っていると姑は「妊娠って、ホント大変よね。出産だって初めてのことだし。成美さん、ホントよく頑張ったわ!」と、今度はほめる作戦に。

すかさず「そうですね。でも、いまはもっと大変ですので…」とけん制する私に、姑は「でもね2人目はラクよ、もう対処法がわかっているし。やっぱり男の子がいないとダメよ」と、一歩も引きません。

そこですかさず「男の子はかわいいでしょうね〜、健二さんみたいに優しく育ってくれればいいですよね」と、笑顔で旦那に話を振ってバトンタッチ。旦那に矛先を向けた姑を確認し「ちょっと、おっぱいあげてきます」と、娘を抱いて退室しました。続きは親子でごゆっくり!

■「期限つき」で返事したら催促がやんだ(愛花さん/28/飲食店勤務)

iStock.com/Jgalione

「で、どうなの?」と、耳打ちする姑。もちろん話題は「2人目」でした。雰囲気を察した旦那は、1歳半になる娘を連れて、散歩へ行ってしまいました。残された私はサシで姑の相手をするハメになり、雑誌を眺めながら(どうこの場を切り抜けようか?)と必死で考えていました。

そんな私の気持ちを気にするようすもない姑は「もうそろそろ子育てもコツがわかってきたでしょ? 一年も母親をやれば大丈夫! あの子だって、ちゃんと育児してるみたいだし」と。いえ、旦那のは育児じゃなくて、ただ逃げただけです…と言いたいところをグッと我慢しました。

さらに姑の催促は止まりません。「あまり期間をあけると辛くなるわよ。妊娠と出産を体が覚えてるうち、早いほうがいいわよ!」と笑顔で追撃。しかたないので「ホントですね、ちゃんと体調管理しないと。娘が3歳になるまでにはできるといいですね」と〝期限つき〟で抗戦。すると納得したのか、ようやく催促は止みました。

本当は「3歳すぎてもできなければ、諦めてください」ってことですけどね。その真意が伝わったのか、伝わっていないのかは不明ですが。「まずは今月、頑張って!」と笑顔で帰宅する姑を、ひきつる笑顔で見送りました。

■リラックスが大事みたいです(里美さん/29/看護師)

iStock.com/monzenmachi

先日、姑が「ちょっと調べたんだけど、男の子を生みやすい方法があるみたいよ」と、生々しい話をしてきたんです。しかも「やっぱり男の子には○○をさせたいわね~」と、まだ生まれてもいない孫に思いを馳せて話すので、ただただ居心地の悪い時間が流れていきました。

産休復帰したばかりなので娘ひとりでも大変で、育児と仕事の両立なんてまだまだ夢のまた夢。夫と相談して「しばらく2人目はナシ」と決めたばかりで、うっかり妊娠してしまわないように気をつけてさえいます。

そんななかで〝2人目催促〟だったので、私も夫もストレスです。ふと、先月2人目を妊娠したママ友のことを思い出したので、姑に「彼女は2人目を意識してなかったそうなんですよ。楽に考えて、自然にできたみたいですよ」と言いました。

すると、姑は少し納得した様子に。「リラックスしながら、チャレンジさせてください!」と言うと、「それもそうね!」と笑顔で帰って行ってくれました。今夜も「避妊アリの夜」だということは夫婦だけの秘密です(笑)。

iStock.com/Jgalione

「1人産んだら、さあ次!」って訳にはいかないのは当然です。夫婦で納得して決めるべきことですので、姑の意見だからと言って従う必要はもちろんありません。「ご意見はありがたく!」の姿勢で、上手にかわしておきましょう。

 

 

ライター:芳野 美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る