コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

嫁たちが抜く〝伝家の宝刀〟姑の小言を「サラッと交わす」上級テク!!

コミュニケーション

2020.06.09

「YESでもNOでもない」グレーな受け答えのコツ(奈緒子さん/34歳/自営業)

 

PIXTA/GARAGE38 

 

5歳と2歳の息子がいます。姑同居しているといっても二世帯住宅なので、ある程度のプライバシーは守られています…孫が大好きな姑が、ウチに入り浸っていることを除けば。「自分の部屋に帰ってください」とも言えないので、そのまま我慢していますけど。

それだけならいいんですが、やっかいなのが姑の小言。「男の子はもっとこうすべきだ」とか、「もっと○○を食べさせなさい」とか。もともと姑は頭もよくて教育熱心なタイプですから、特に子育てにはかなりうるさいんですよね。

長らくお小言にため息ばかりついていましたが、最近では「YESでもNOでもない受け答え方が一番いいのかな」と感じるようになりました。たとえば

「あ、それいいですね。今度やらせてみたいです!」とか
「そこには気づきませんでした。とっても参考になります」など。

とりあえず褒めて、でもアドバイスに従う決定はしない。そんな感じです。姑は認められて上機嫌になりますし、言う通りにしなくても、逆らったことにはなりませんし。その場の発言欲求を満たしてあげればいいんですよ(笑)。

 

 

>>NEXT 嫁だけが持つ伝家の宝刀を抜く!

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る