注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

やばっ!!「姑の誕生日忘れてた」ごまかし上手な嫁の〝我ながらナイスな方法〟

コミュニケーション

2020.06.07

義母の誕生日を気遣うママは多いもの。ですが、つい忘れてしまうこともありますよね。たとえ過ぎてしまっていても、あせる必要はありません。対応次第で、むしろ好感度アップになることもあるようです。危機一髪のピンチをうまくごまかせた、ママたちの成功例を聞いてみましょう。

大人気で込み合ってるのかな(かなこさん/34歳/看護師)

 

iStock.com/PhotoTalk

 

「あ、昨日おかんの誕生日だった」仕事に行く前、旦那がポツリ。姑の誕生日はいつも、義実家に贈り物を届けていた私は「ホントだ! ヤバい! 何も用意してない!」と顔面蒼白になりました。

慌てていると「いまからネットで注文して、込み合ってるせいで遅れたことにすればいいじゃん」と旦那が珍しくナイスアイデア。「それだ!」と食いついた私は、すぐさま「人気のお取り寄せグルメ」を義実家宛に注文しました。

仕事に向かいながら、姑に「おはようございます、昨日はお誕生日おめでとうございます! 人気のグルメサイトからお肉をお送りしたのですが、もしかして届いてないですか?」と電話したんです。

「お肉? 届いてないわよ?」と不機嫌に答える姑に「え、やっぱり! 人気のお肉なので注文殺到らしくて、発送が遅れてるんですかね…当日に届かなくてすみません」と神妙に言い訳を(笑)。

「あらそうなの! 忘れられたのかと思って、しょんぼりしてたのよ〜」「やだ、そんな訳ないじゃないですか〜」というやりとりをしながら、心の中でガッツポーズをした私でした。

 

 

>>NEXT ごめん!好きなだけビール飲んでいいから

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る