注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

高齢者の免許返納…渋る両親を説得したみんなの決定打

コミュニケーション

2019.06.16

20190611menkyo01

自分の両親が高齢になってくると、自動車の運転も何かと不安ですよね。高齢者の「免許証自主返納」を促す動きもありますが、本人の意思も関わる問題なのでなかなか難しいもの。実際に免許証を返納させることに成功した人は、どのような工夫をしたのでしょうか?

 

親に免許証を返納させるにはどうすれば良いの?


実際に、親の運転に不安を抱えている人は多数。「父親が80歳なのに、高速道路でスピードを出して運転してます。健康ではありますが、万が一のことを考えると心配」「私の父も事故を起こしてしまいそうで、ヒヤヒヤしてる」「年を重ねると目も悪くなるし、できれば運転しないでほしいかな…」といった声が上がっていました。

 

親を説得するのも一苦労で、「高齢者が車で事故を起こすニュースを最近よく見かけます。父が高齢者マークをつけるようになり、免許証の返納を促していますが聞いてくれません」などのお悩みが続々と寄せられています。

 

同じ悩みを抱える人は多いようで、「うちの親も免許を返納してほしいと説得してるのに、全然聞いてくれない…。最終的には『アナタの運転の方がよっぽど危ない!』と怒られた」「今まで事故を起こさなかったから、本人はまだ大丈夫だと思ってるのかも。全然免許証を返してくれない」などの声も。

 

免許証の更新や車検がベストタイミング!?


免許返納には“タイミング”も重要かもしれません。高齢者ドライバーの祖母と暮らす主婦からは、「私の場合は車検のタイミングで『そろそろ免許証を返そうかな』と祖母が切り出してきたので、すんなり返納してくれたよ」という経験談が。「免許証を更新する時に、無事返納してくれた。買い物に行く時はバスか電車を利用してます」といった声もあり、車検や免許証を更新する時に返納している人が多いようです。

 

高齢者が返納に踏み切れないのは、「返納後の生活が不安」という理由も大きいよう。「家族が足になって送り迎えするという約束をして、免許証の返納に成功した」などの事例が上がっています。地域によってはバスやタクシーの優待券を貰える制度もあり、説得前に一度調べておくのも一つの手かもしれません。

 

他にも「うちの両親は責任感が強いから、万が一事故を起こしたら家族や周囲にどんな影響が出るかを必死で話したら通じたよ」という例もあげられていました。親の状況や性格に合わせた作戦で返納を促せると良いですね。

 

まだまだ現役だと思っている高齢ドライバーは約7割


「うちの親は運転に対して自信があるから、聞く耳をもってくれない」という声もありますが、高齢者は運転に対してどのような意識を持っているのでしょうか。NEXCO東日本では65歳以上のドライバーと子ども世代にアンケートを実施。高齢ドライバーに「車の運転に自信はありますか」と質問したところ、全体の76%が「自信あり」と答えています。特に、男性ドライバーの方が「運転に自信あり」と感じる傾向にあるよう。

 

年齢別でみると、66~69歳の73.5%が「運転に自信がある」と回答。70歳~74歳の人たちは75.0%、75歳以上の方では79.4%が運転に自信をもっています。「免許証を返納しても良いと思う年齢」を聞いてみると、平均は約80歳という調査結果になりました。

 

また親に対して、「車の運転は危ない」と伝えたことがある子ども世代は約8割にのぼることが判明。しかし免許返納について親と話したことがある人は「父親と話した」が31.8%、母親が38.0%とあまり多くありません。今後の生活を大きく左右する問題だけに、一度じっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。

 

文/牧野聡子

 

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る