注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

話が弾まない姑が「ノリノリで話し出す」賢い嫁の〝会話術〟が今すぐ使える!!

コミュニケーション

2019.06.11

気のなさそうな返事が返ってきたり、ささいなひと言で地雷を踏んだり…姑との会話って、なかなか弾まなくて難しいもの。でもそれって、考えてみれば当たり前のこと。世代も違うし考え方も違う、なにより嫁は「大切な息子を持って行った女」だったりするんですから(笑)。そんな難攻不落な姑と「うまくコミュニケーションできてます」と言うママたち。彼女たちの会話の極意とは、どんなことなのでしょう?

 

■話題は旦那ネタ…ただしポジティブ限定(ありささん/35/営業)

senior mother and adult daughter

iStock.com/imtmphoto


いまでも息子が大好きな姑は、私が話していても「旦那に関する話」のところしか聞いてません。興味の有無は、表情を見れば一目瞭然。

例えば、私が風邪をひいた話は「あら、流行ってるのね」のひと言で終了。なのに旦那だと「大変じゃない! 熱はあるの?」「病院には行ったのかしら?」「食欲はあるの? 消化にいいものじゃないとだめよ!」と大騒ぎです。

なので、もはや私の話の8割は「旦那」ネタ。最近はゴルフにはまっている、昨日は上司に褒められて喜んでいた、先週新しいスーツを買った…などなど。どんな些細なことでも、前のめりで聞いてくれます。

ただし、愚痴は絶対厳禁です。以前チラッと「最近、家のことをあまり手伝ってくれなくて…」と口にした瞬間、顔色が変わったんです。「毎日仕事してるんだから当然じゃない! あの子も疲れてるんだから!」と激怒されました。

いや、毎日働いてるのは私だって同じなんですけど…?! 出かかる言葉を必死に抑え(旦那ネタのなかでも、当たり障りのない内容だけにしておくべき)と学びました。

■「私はお義母さんの弟子」の姿勢(まどかさん/ 33/ 事務)

Mother and daughter talking, drinking tea in kitchen

iStock.com/bokan76


姑に対してはとにかく〝下手からの姿勢〟をキープしつつ、常に敬う態度を意識しています。食事をいただいたら「お味噌汁すっごくおいしい! どうやってだしをとってるんですか?」教えてもらう。

お手洗いを借りたら「タオルがふわふわで驚きました! どこの柔軟剤ですか?」と聞いたり。すると得意げに教えてくれて、なんだか機嫌もよさげ。私も勉強になるし「お義母さんをお手本にしたい」という姿勢が伝わります。

「この前教えてもらっレシピで作りました」なんて報告をすると、さらに喜ばれますよ。そんな良好なコミュニケーションをはかっている私でも、一度だけ失敗したことが…。

「今日のお漬物、いつもよりおいしいですね! なにかアレンジしたんですか?」と聞くと、「それ、ご近所さんにもらったのよ。作りすぎたからって」と…なんでもかんでも聞けばいいってもんじゃないなと痛感しました(笑)。

■姑に機嫌よく話させるコツ(なつみさん/ 37/販売員)

Woman with a smart phone

iStock.com/liza5450

自分の身に起きた出来事を、すべて細かく報告してくる姑。「今日は近所の○○さんとカラオケに行ったのよ」「今度の木曜日は腰を診てもらいに行くの」と、まるで「日記の読み聞かせ」感覚。

昔から記憶力だけはよく、どうでもいいことまで覚えている私。その能力が功を奏しました。「そういえば、昨日の診察はどうでしたか?」と、こちらから状況伺いをすると、「そうなのよ! 運動不足だって言われちゃって~」と。

「えっ、○○さん入院されたんですか? この前は一緒にカラオケしてたのに…」「そうそう! あれから体調を崩したみたいでね…」となど。自分の話したことを覚えててくれたって嬉しいものですから、会話が弾みます。

ポイントは、同じ話を聞いても絶対に「それ、前にも聞きましたよ」とつっこまないこと。まるで初耳かのように「へぇ〜、そうなんですね!」でいいんです。機嫌よくノンストップで、ペラペラ話してくれますよ。

Happy mother and daughter

iStock.com/KatarzynaBialasiewicz


基本的に、姑は「息子・孫のこと」と「自分のこと」にしか興味がないようです(笑)。嫁の存在は「ふ〜ん」程度にしか思っていないので、自分の話は避けたほうが無難かも。「今日は美容院でトリートメントしてきたんですよ〜」なんて報告は、沈黙を作るだけかもしれません。姑の興味を引き出す姿勢がベターですよ。

 

 

ライター:楠 ゆず
娘と夫、茶トラの猫の3人+1匹で暮らすフリーライター。思い切ってマンションを購入し、ローンパラダイスへ突入中。幼児教育にハマってしまい、興味をもった教材は手に入れないと気が済まない。おかげで家には教材の山が…。断捨離欲と収集欲の葛藤に悩む日々です。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る