注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

手つきが不慣れ・声がでかい…女性にバレてる「外だけイクメン」の残念な意識のズレ

コミュニケーション

2019.05.18

20190513soto01

夫にはいつでも育児に参加してもらいたいもの。ところが家の中では何もせず、外でだけ育児に参加する夫も多いようです。ネット上では「外出先で育児参加アピールをする夫」に対して、怒りの声が相次いでいました。

 

外でだけ育児参加する“外面の良い夫”にウンザリ…


連休中に夫の実家に行ったという女性は怒り心頭。「家では子どもを見ないでスマホばっかり触ってるのに、実家では私から子どもを取りあげてまで面倒を見ている。そんなアピールをするくらいなら、普段から手伝ってほしい」と明かしています。

 

女性の声を受けて、「外でだけ育児に参加する夫」にお悩み中の妻から共感の声が。「夫はお互いの実家でだけ、自分から進んでオムツ替えてミルクを作ります。外面だけ良くてウンザリ」「『家族のためになにか手伝いたい』って気持ちでしていないのがバレバレ。自己満足とか、体裁のために育児参加するなんて浅ましいよね」「友人の前でだけ子どもの世話をする夫は、未だに『育児に参加してる俺ってえらい』と思ってる。当たり前のことなのにどうして気づかないのかな?」といった声が続出しています。

 

また夫に対して「なぜ外でしか育児に参加してくれないのか?」と質問した人も見られました。しかし、「『いつも仕事で忙しいから、休みの日くらいは参加したい』と言い訳された。休みの日だって家では参加しないのに…」と煮え切らないようす。

 

家でも育児に参加させるためには?


普段から育児に参加していない夫は、外でどれだけ「育児参加アピール」をしてもバレていることがほとんどです。「自分のしたいことからやって、子どものペースに合わせられないパパを見ると『普段から面倒を見ていないんだな』と察しがつく」「病院とか静かにしなきゃいけないところで、大声で話しかけたりしているパパ。いつもは子どもと接していないから、声量の調節ができない」「夫がオムツを替える姿を見て、義理の母が『家ではあんまりオムツ替えてないでしょ』と毒づいていました」といった声は少なくありません。

 

では夫の育児参加を促すために、妻たちはどういった手段をとっているのでしょうか? ネット上では「ママ友の旦那さんを引き合いに出して、『○○さんのパパは家でこんなことをしてくれる』と遠回しに“手伝ってほしいこと”を伝える」「『外でだけ育児する理由』は追求せず、家で少しでも育児に参加してくれたときに褒める」といった工夫があげられています。

 

夫は育児参加を“特別視”している?


外でだけ育児参加する夫に対して厳しい声が上がる中、「育児に参加しているつもりになっているのでは?」という疑問の声も相次いでいました。パナソニック株式会社が実施した「オムツ替えに関する意識調査」では、育児に対する夫の姿勢が明らかにされています。

 

育児中のパパに「育児への参加状況」を質問すると、「とても積極的に参加している」と答えた人は29.0%。さらに「ある程度積極的に参加している」という回答も57.0%と、計86.0%の人が育児に積極的なことがわかりました。

 

ところがママを対象に「パパの育児参加に対する満足度」を聞いたところ、「かなり不満がある」は13.5%を占めています。「少し不満がある」と回答したママも46.5%にのぼり、合計すると59.0%の人が「夫の育児参加に不満を持っている」という結果に。育児に対する認識が夫婦間で大きくズレているのかもしれません。

 

実際にネット上では「夫が同僚に『育児が大変』と漏らしているみたい。本人は育児に参加してるつもりなんだろうけど、家では全然手伝ってくれてない」「『夫が育児に参加すること』を特別視していることが、そもそも私の認識と食い違ってる。当たり前だと思っているなら外でだけ育児参加したり、育児参加をアピールしないはず」という声が。

 

男性の家庭進出が当たり前になっている現代ですが、まだまだ夫婦の認識には大きな差を感じる場面もあるよう。必要なタスクを改めて夫婦で共有してみてはいかがでしょうか?

 

文/長谷部ひとみ

 

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る