コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

口を開けば「仕事の愚痴」ぐうの音も出ない〝妻の正論〟が夫を黙らせた!

コミュニケーション

2020.06.14

2020.06.17

いざ、その立場になってみると…(みおさん/34歳/会計)

 

PIXTA/ふじよ

 

子どもが生まれるまでは「時短勤務っていいわよね。ちょこっと仕事して帰るだけで、正社員として働けるんだから」「子ども関係で休みが取れてうらやましい。有休取り放題じゃない」なんて思っていました。

ところが、いざ自分がその立場になったら…むしろ「まともに働けないことの辛さ」をひしひしと感じるようになったのです。

残業ができないため、仕事が立て込んだときは昼休み返上。保育園に呼び出されて早退したあとは「今日の仕事を明日の午前中に片づけて…」と、子どもの顔を見ながらも、頭の中は仕事のことでいっぱいです。

そんな毎日にヘロヘロの私に、旦那が「チームにママ社員が3人もいて困るんだよ」と言ってきたんです。聞けば「遅く来て、早く帰る…俺もそんな働き方がいいよな。気楽に働けて羨ましい」と言うんです。

「懐かしいなぁ…私も昔はそう思ってたっけ。でもいざその立場になると、思うように働けないのがつらいんだよね」と呟いたんです。それを聞いた旦那は、黙りこんでいましたよ。私が仕事好きなのを知っていますから、返す言葉がなかったのでしょうね。

 

>>NEXT 行動が伴わない旦那にズバッと正論

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る