注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

正直、社会人失格…1人で起きられない夫・妻に断腸の思いでとった行動

コミュニケーション

2019.04.19

20190417danna01朝は子どもの弁当を作ったり、仕事の準備をしたりと忙しいもの。さらに1人で起きられない夫を持つ妻は、毎朝起こすために苦労しているそうです。ネット上では「夫を必ず起こす方法」をテーマに意見が交わされていました。

 

起きられない夫に“荒療治”をする妻も


怒れる妻が続出したきっかけは、「夫が1人で起きれるといいのに」という愚痴でした。「正直社会人失格だと思う。2度寝、3度寝を繰り返すから3回目以降は諦めてる」「『もう起こさないよ!』って言った次の日に、思いっきり寝坊した夫。もはや呆れを通り越して何も思わなくなってきたよ…」「『起こしてもらえる』と思っているから起きないのかな? あえて起こさずに寝坊させようか考え中」「毎朝起こしているとわからなくなるけど、ふと『私は夫のお母さんじゃない』と気づくことがある」といった声が。

 

しかし根気強く起こしている妻も少なくないようで、中には「霧吹きで顔にシュッとする。すぐ起きるよ」「飼っている犬に顔を舐めさせる」という荒療治も。さらに「自分1人で起きれなかったら、弁当を自分で作らせています」「起きなかったら食器洗いをしてもらう」など、“罰ゲーム”に似た手段を行使する妻たちも見られました。

 

「起きられない夫」の言い訳にウンザリ…


夫の朝寝坊を防ぐために、子どもを出動させる人も。「『パパ起こしてきて』ってお願いすると、子どもが夫の上に乗って暴れてくれる(笑)」「子どもが『どうしてパパは1人で起きられないの?』と言ったとき、さすがに恥ずかしかったのか耳の先まで赤くなってました」などの声が上がっています。子どもの攻撃には夫も敵わないよう。

 

また起きられない夫の言い訳に辟易する人も見られました。「夫がいうには『俺の遅刻には、お前の責任もあるんだぞ』とのこと。それ自分で言ったらだめでしょ」「『責任ある仕事ばかりしているから起きられない』と言って自分の主張を通そうとします…」などの声が。さらには「『チューしてくれないと起きれない』って言ってきたときは、ビンタしてやろうかと思った」という微笑ましいエピソードも寄せられています。

 

起きれない夫に不満が噴出する中、「1人で起きれないところも可愛いよね」「毎朝どうやって起こしてあげようか考えるとワクワクする」「むしろ私が起こすまで起きないでほしい」といったアツアツな夫婦もいました。

 

断腸の思いで妻を起こす夫も…


ちなみに「1人で起きられない妻」を持つ夫も少なくありません。夫からは「休日に昼過ぎまで寝ている妻をどうにかしたい…」「妻を起こす時は子どもたちも総動員。お出かけがかかっているので、子どもは容赦ありません」「見ていて心配になるくらい寝続ける。そっとしてあげたいのは山々だけど、仕事に遅れるといけないから断腸の思いで起こしてます」という声が上がっています。

 

比較的寝覚めの良い妻たちも、朝はかなり不機嫌なようす。反撃を恐れる夫は「起こそうとしたら『うるさい』と言ってビンタが飛んでくる」「無理やり起こすと『なんで起きなきゃいけないの?』とか『私のことが嫌いだからそんなことするんだ』と駄々をこねる。もう毎朝大騒ぎだから起こしたくない…」と明かしていました。

 

朝の目覚めが悪いという問題について、2人で相談を行う夫婦も。妻からは「寝具を買い換える」「アロマディフューザーを置く」「ベッドを離して寝る」というアイデアが寄せられています。また夫からも「寝酒をしない」「いびき予防のアイテムを使う」などの提案が。すっきりと朝を迎えられるよう、夫婦共に気をつけたいものですね。

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る