2019.03.28

手がカサカサだね…が地雷!妻が怒りを爆発させる夫の発言と彼らの真意

「デリカシーがない言葉」の裏には様々な配慮が…


世の夫は口を揃えて「嫌味を言ったわけではない」と妻の主張を否定。デリカシーを欠いたことは認めつつも、「『弁当に力を入れなくていいよ』という意味を込めて、『食べられたらそれでいいから、冷凍食品入れといて』と言ったら妻が激怒。裏目に出てしまいました」「妻が傷ついてしまったのは、『趣味でも始めればいいのに』という一言。家事と育児に追われて、自分の時間がない妻を心配しての言葉だったんだが…」などの言い訳が続出しています。

 

パパたちは失言を挽回するために、様々なアプローチを行ったそう。「とにかく謝って、悪気が無かったことを説明。日ごろ言えていない感謝の気持ちを伝えると、機嫌をなおしてくれました」「『もっと家事を手伝う』『育児に参加する』などのアイデアを提案した。謝るより常日頃から、妻のストレスを減らす努力をした方がいいと思う」「機嫌がなおるまで褒め続ける。『普段からそう言ってくれればいいのに』と小言を言われたけど、仲直りできた」といった方法が上がっていました。

 

>>NEXT 妻がストレスに感じているのは「育児」以外にも!?

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。