注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

知っているのは職種だけ… 私の夫は会社で、何をやっているの…?

コミュニケーション

2019.03.25

img01夫と妻は人生を共にするパートナー同士。お互いのことはよく理解しているはずですが、最近「夫の仕事を理解しているか?」とのテーマが話題を集めています。妻たちは“夫の仕事”をどのくらい正しく把握できているのでしょうか?

 

妻たちの“夫の仕事”に対する疑問


「夫の仕事がわからない…」と悩む妻

本音を打ち明けたのは、結婚生活10年目を迎える主婦。「私はいまだに夫が何をしているのか、よくわかりません」「もちろん会社名は知ってるし職種も教えてくれましたが、全く自分の守備範囲外でよくわからずじまい…」と悩みを打ち明けます。彼女は続けて「みなさんはどうですか? やっぱりちゃんと把握しているものでしょうか?」と疑問を投げかけることに。

 

世の中に多い“夫の仕事がわからない妻”

彼女の投げかけに対し、まず多かったのは“共感の声”。付き合った当初は彼の仕事を理解しようと努めたものの、結局断念してしまった妻が続出しています。

「すごくわかります!『システムを設計している』らしいのですが、詳細はよくわかりません」
「パソコンの画面を見ながら誰かに電話する仕事なのは知っています」
「“公務員”以上の情報は、残念ながら持っていないな」
「ウチの夫は出張も多い。果たして夫はどこに何をしに行っているのだろう…」

 

中には、「まぁちゃんと働いてくれてるので、『知らなくてもいいか!』と思ってます(笑)」というコメントも見られました。

 

妻は夫の仕事内容を把握すべき!?


家では“パパ”に徹する夫の姿も

一方で、「妻が仕事を理解できない=夫が仕事を家に持ち込んでいない」という見解を示す人も。外ではバリバリと仕事をする夫も、あえて家では“パパ”に徹しているのかもしれません。

「世の中には“仕事の愚痴”ばかりの夫もいるらしいからね。それより全然マシ」
「家庭に仕事を持ち込まないって素敵! メリハリをちゃんとつけられてる気がする」
「家では仕事の話抜きで、子どもと思いっきり遊んでくれてます!」

 

意外と多い“詳細を把握したい”妻たち

しかし中には“かなり詳細に”夫の仕事を把握している人も。やはり多くは「社内結婚」のカップルでしたが、中には「夫にかなり根掘り葉掘り聞くから」とコメントする妻の姿もありました。

「元々同僚だから、仕事内容から職場の人間関係まで全て把握してます」
「仕事の話は聞くのが楽しいから、夕飯食べる時にいろいろ聞いてるよ」
「夫の仕事を知っておくと、繁忙期とかもわかるしサポートしやすいんだよね」
「夫からしても、仕事内容を根掘り葉掘り聞かれるのは嬉しいらしい」

 

夫の性格やタイプによって、“妻がどこまで把握すべきか”は変わりそうですね。

 

夫の仕事に対する妻の満足度


夫の仕事に「不満」を感じる妻は多い?

妻の“夫の仕事”に対する「理解度」は世帯によってバラバラでした。それでは、「満足度」についてはどうなのでしょうか。リスクモンスター株式会社は「離婚したくなる亭主の仕事」という調査の中で、夫の仕事に対する妻の本音を明らかにしています。

 

「夫の仕事に対する不満の有無」を尋ねると、「不満がある」との回答は49.0%。理由として多く挙げられたのは、「給料が低い(68.7%)」「残業が多い(48.3%)」「休みが少ない(26.5%)」でした。

 

夫の年収ごとに異なる“不満度”

続いては、「夫の年収別」に“不満度”をヒアリング。各年収と「不満に思う割合」の結果は以下の通りとなっています。

 

300万円~400万円… 62.3%
500万円~600万円… 53.8%
800万円~1000万円… 23.0%

 

年収が上がるにつれ“不満度”は下がると思いきや、夫の年収が「1500万円以上」の場合は再び50%に上昇。同調査では、「男性の平均年収が521万円を超えると、不満の理由が『給与が低い』から『残業が多い』に変わる」と分析されていました。

 

妻としては“夫の仕事内容”もさることながら、“稼ぎや働き方”の方が気になるのかもしれませんね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る