注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

大量のニンニク、徹夜でネトゲ… 妻から趣味を禁止される夫たち「わかっておくれよ!」

コミュニケーション

2019.03.22

190322kinshi01ひとつ屋根の下で生活を共にする夫婦。時にはお互いの“生活習慣”が合わず、どちらが歩み寄るかで揉める家庭は多いかもしれません。最近話題を集めているのは、「妻から禁止されてしまったこと」を披露し合う夫からの声でした。

 

意外に多い「妻に禁止されていること」


妻からの“禁止事項”に悩む夫

ある40代の夫は、「妻からさまざまな『禁止事項』を設けられています…」とコメント。例えば、「ラーメンに大量のニンニク」「服の脱ぎっぱなし」「ネットゲームに明け暮れる」などが代表的な禁止事項です。結婚当初は“軽く指摘される程度”だったそうですが、繰り返すうちに正式な“NG”が出てしまったとか。「みなさんの家庭では、妻からの“禁止事項”ってありますか?」と疑問をぶつけています。

 

禁止されがちな“ゲーム・アニメ”のジャンル

この疑問を受けて、「我が家にも禁止事項はたくさんあります!」と共感を示す夫の声が後を絶ちません。中でも多かったのは、妻から「ゲームやアニメを禁止されている」という家庭。

「ハマっているオンラインゲームを徹夜でプレイしてたら、翌日から禁止を食らってしまいました」
「私の趣味はボーカロイド。先日妻から『いい年した男の趣味じゃない』とクレームをつけられ、禁止令が出ることに…」
「深夜アニメは毎シーズン楽しみにしてるのに、我が家では見ることを禁止されています」

 

まずは、妻からの“趣味の理解”を得た方が良さそうですね。

 

「禁止事項」をくぐり抜けるためには?


“古いバイクに30万円”で割れる夫婦の価値観

バイクの大ファンという男性は、愛車の修理で「30万円の修理費」がかかる事態となり、妻の怒りを買うことに。彼は、「『古いバイクに30万も出す意味がわからない。子どもができた時の旅行費に当てられるじゃん!』と言われました。挙句の果てに“バイク禁止令”まで出てしまいました」と困惑した様子です。

「確かに趣味が趣味なら、それなりのコストもかかるもんね…」
「“30万の価値がある”ってところの共通理解がないと厳しい」
「30万はそれなりの金額だけど、“禁止令”までは厳しすぎる!」

 

好きなことを続けるには“バランス”が大事!?

しかし何とか妻からの「禁止事項」をくぐり抜けるため、夫たちも“バランスを取るべく”試行錯誤をしています。

「趣味に時間やお金をかけるなら、その他の時間は徹底的に家族孝行すべき!」
「服は脱ぎっぱなしにしても、休日に率先して『洗濯は俺がやる!』という姿勢を見せれば印象が違うはず」
「自分が好きなことを貫きたいなら、妻にも何か自由に趣味をやらせてあげた方がいいよね」

 

妻の立場としても、何か理由があって“禁止”を告げているはず。まずは自身の行動を振り返ることが必要なのかもしれません。

 

夫婦間にルールはあった方がいい!?


パートナーへの満足度が高い“ルールがある家庭”

夫婦間における“ルール”は大切なのでしょうか。保険の無料相談サービスを提供する「保険のビュッフェ株式会社」は、「夫婦のコミュニケーション調査」を実施。まずは、“ルールがある家庭”での「パートナーへの満足度」を見てみましょう。

 

大変満足している… 52%
普通… 30%
不満… 16%

 

“ルールがない家庭”では、「パートナーに不満」との回答が84%。“ルールがあること”は、円満な夫婦関係をもたらしてくれるようです。

 

「『行ってきます』のキス」がルール!?

続いて「ルールを決めた理由」を尋ねると、1位から順に「仲良くするため(44%)」「ケンカを避けるため(28%)」「適度な距離を保つため(18%)」がランクイン。

 

具体的なルールとしては「家事、掃除、洗濯は余裕がある方が行う」「休日は家事を協力する」「皿洗いとゴミ捨てはパパがやる」など、“家事にまつわるルール”が半数程度を占めました。

 

他にも「『行ってきます』や『おかえりなさい』のキス」、「『好き』という言葉を伝える」といったルールを設けている夫婦も多いそう。

 

夫婦間のルールは、納得するまで2人でじっくりと話し合って決めていきたいですね。

 

文/古山翔

 

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る