コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫婦仲が劇的に良くなった〝愛され妻〟が欠かさない「毎日の習慣」とは

コミュニケーション

2019.03.19

「どうも夫婦仲がしっくりしない」と思った時、あなたはどうしますか? いたずらに夫を責めたり不満をぶつけているだけでは、決してうまく解決はしません。世間からは「仲良し夫婦」と見られている〝愛され妻〟のみなさんにも、不調の時が。「夫婦愛」を取り戻した彼女たちが、欠かさない習慣とは?

 

ささいなことでも「会話と感謝」(香織さん/33/化粧品販売)

 共働きなので一緒にいる時間は短いですが、そのぶん会話を大切にしています。他愛ないことを話すだけですけど、毎日、顔を見て。「今日はどうだった?」「今日、電車でね…」と、ただの日常報告と世間話ですが、これが大きいかなと思います。

毎日話すとささいなことにも気づけるようになるので、その日の顔色で「会社で嫌なことがあったんだな」「機嫌いいな」って、気持ちがわかるだけでも接し方が変わります。

shutterstock_574924363

それから「言わなくてもわかってくれそう」という思い込みを捨ててからは、行き違いで喧嘩することもなくなりました。

あと、ちょっとしたことでも「一日一回感謝を伝える」が私のマイルール。物を取ってくれたり家事をやってくれたりしたら、小さなことでも「ありがとう」と言うようにしています。私がこまめに感謝するせいか、旦那も自然と感謝を口にしてくれるようになったんですよ。

よく「夫婦仲よしだね」って言われるけど、これはひとえに「会話と感謝」のおかげ。とはいえ疎かにするとすぐに壊れるものだとも思うので、これからもマイルールを続けていければと思います。

まずは自分が優しく(恵子さん/35/パート)

旦那の帰りが遅く、夫婦関係が悪いときがありました。そのときは、旦那に不満ばかり言っていましたが、姉から「あんたが、帰りたくない理由を作ってるんじゃないの?」と指摘されて…ショックだったけど、たしかにそうだなって反省したんです。

そこから、「旦那が帰りたくなる」ことを目指しました。愚痴や不満を言わない、きつい口調や仏頂面はやめる。いままでは酔っぱらって帰ってもほったらかしだったけど、お水を渡したり軽食を出したり。

shutterstock_570636958

「あなたの帰りを歓迎している」という気持ちを行動で表すようにしてから半年ほど、「優しくなって嬉しい~」と酔っぱらいながら言われたときは嬉しかったですね(笑)。

よく「夫婦は合わせ鏡」って言うけど、本当にそうだと思います。旦那への不満がなくなったわけではないけれど、笑顔で「いってらっしゃい」「おかえり」を言うようしただけでも、旦那の私に対する態度もやわらかくなったかな。

優しくしてほしかったら、まずは自分が優しくならないとだめですね。そう気づいてからは、旦那が早く帰ることも会話も増え、前より仲良しになれたと思います。

「女として見られる」ことを決意(理佳さん/30/事務)

「子どもが生まれると、旦那から女として見られなくなる」と聞いて不安に思っていました。産後のセックスレスが原因で、浮気や家庭内別居状態などに陥った夫婦の噂を周りでよく聞いていたので、「いつまでも女として見てもらえるよう努力しよう」と決めていました。

shutterstock_277961978

家ではすっぴんが多いけど、ちょっと女らしい部屋着を選んだりマツエクだけはつけたり。下着だって本当は楽ちんなのがいいけど、緊張感が生まれて「自分、まだまだ女だぞ!」って意識が高まるので、デザインにはこだわってますね(笑)。

他にもこっそりヨガに通ったり、外出時はちゃんとおしゃれしたり。日々きれいな女性でいられるように努力していますよ。直接褒められることはないけど、いまでも旦那がデートに誘ってくれたりスキンシップを求めてくれたりするのは「努力の成果かな?」と思っています。

当たり前のことのようでなかなかできていないことが、たくさんあったのではないでしょうか? 毎日一緒にいて当たり前の存在になると、相手に対する感謝や尊敬を忘れてしまいがちですが、「愛する気持ちを」持ち続けようとすることこそが仲良しの秘訣。「あれ…?」と思ったときには、ひとつでも、できることからでも、試してみませんか?

shutterstock_189705860 (1)

ライター:白藤やよ
現役のホステスライター。20代の恋愛暗黒期を経て、男に振り回されない生き方を発見。不倫や家族の離婚問題、盗難、盗撮、交通事故…歩けば事件に巻き込まれる「リアル金田一」体質です。最近のブームは、SNS地獄にハマる女性観察。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る