注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

給与明細はない!夫の主張に隠された妻には理解できない男の心理

コミュニケーション

2019.04.22

20190314kyuryo01夫婦ごとに異なる“お金の管理事情”。「夫と妻のどちらで管理するのか」「お小遣い制とするのか」「そもそも口座は一緒にするか」など、世帯によってルールは異なりますよね。しかしいずれにしても、“夫婦でオープンに”という姿勢は大切なのかもしれません。

 

“給与明細”が原因で夫婦関係に溝が!?


給与明細を「ない」と言い張る夫

ある共働き世帯の妻は、「夫が給与明細を見せてくれません」との悩みを告白します。口座は共有しているため“振込み額”はわかるそうですが、夫の言う年収から計算すると金額はやや少なめ。「コンピューター管理だから明細はない」と主張する夫に対し、「ボーナス額もあやふやだし、ずっとこのままは納得できない…」と妻はお怒りのようす。

 

「隠し事をされている感じでイヤ」と嘆く妻

同じような悩みを抱える妻は、意外にも世の中に多くいました。皆口を揃えて、「額がどうこうではなく、何か隠し事をされている感じでイヤ」との感想。いくつか声をピックアップしてみましょう。

「自分からはあまり言えないけど、正直普通に見せてほしいと思うな…」
「結婚したら老後も一緒に過ごすわけだし、変に隠されるとイヤな気持ち」
「オープンにできないってことは『やましいことしてるの!?』と思ってしまう」

 

場合によっては、“夫婦の信頼関係”にも影響してしまいそうですね。

 

“給与明細”を巡る夫と妻の主張


「明細を見せる」のは“証拠提出”?

続いては“給与明細を渡していない”世帯の、旦那側の意見。特に夫のみが働く世帯では、あまり詳細を明かさないケースが多いようです。

「ウチは結婚以来、一度も明細を見せてない。結婚してから自然とそういうルール」
「毎月しっかり稼いでいるのに、『明細ちょうだい』はちょっと萎えるかな」
「明細を見せるって、なんか“証拠を出す”という感じで苦手です…」
「我が家は共働きだけど、逆に妻の明細も見たことがありません」

 

「明細を見せたくない」と夫が思う理由

「給与明細は渡さない」とコメントする男性からは、様々な“見せたくない理由”が挙げられています。中には“男としてのプライド”が邪魔をしているケースも。

「明細を渡すってことは家計管理を任せること。ウチの嫁はずさんな管理をしそうで怖いんだよな」
「申し訳ないけど“自分で稼いだ金”のイメージが強いから、明細までは渡したくない!」
「正直あまり給料が高くないので、明細を嫁に見せるのはイヤです…」

 

夫としても複雑な思いを抱えつつ、“見せない”決断をしているみたいですね。

 

赤裸々な夫婦の“お金事情”


貯金を管理するのは夫? 妻?

夫婦間の“お金”に関して切り込んだのは、スパークス・アセット・マネジメント株式会社による「夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査」。まずは、「夫婦のどちらが貯金を管理しているか?」について尋ねています。

 

「妻が主導で管理」が54.3%
「夫が主導で管理」が25.5%
「夫婦別々に管理」が20.2%

 

やはり妻が“お財布を預かる”世帯が多いようですね。

 

へそくり金額はどれくらい?

続いては、「へそくりをしているか?」という質問。男女合わせた数値では、全体の41.4%がYESの回答でした。男女別での回答は以下の通りで、若干女性の方が多い傾向に。

 

男性… 38.6%
女性… 44.2%

 

「へそくりの平均額」では、男性が「102万円」だったのに対して女性は「211万円」。「へそくりをする理由」をヒアリングすると、女性の1位には「老後の生活費のため」が入りました。一方、男性側の1位には「自分へのご褒美のため」がランクイン。

 

“お金の管理”は夫婦間でうやむやにせず、日頃からきちんと話し合っていきましょう。

 

文/古山翔

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る