注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「彼女もいい子なんだ」不倫夫の優柔不断な〝優しさ〟が妻を追い詰める!!

コミュニケーション

2019.03.05

自分で不倫しておきながら、それがバレて話し合いになると「君がしたいなら離婚する」「まだ子どもが小さいから…」などと、まるで人ごとようなの発言をする夫たち。事実を知ったダメージはもちろん、優柔不断な夫の人間性に失望し追い詰められる妻たち。〝優しい夫〟に真綿で首を絞められるような、苦しい胸の内を語ってくれました。


どちらにも優しいのは罪(加奈子さん/28/美容師)

結婚2年目、旦那がさっそく不倫しました。私が職場研修や勉強に忙しくしていたので、「自分が後回しにされたようで寂しかった」と言うのです。(そんな子どもみたいな理由で不倫かよ!)と脱力しながらも、今後どうするか話し合いを続けました。

夫は、「離婚したくはない。加奈子を失いたくない」と言います。しかし相手のことも「悪い子じゃないんだ。僕と同じように、寂しい思いをしていたみたいで。とても優しい、いい子で…」と、相手に愛情が残っているともとれる発言をするのです。

shutterstock_1214463271

大切なのは、私と相手の女どっちなの?! 離婚したくないならば「自分が悪かった!」と誠意をもって謝って、不倫関係はきっちり清算してほしい。女からしたら「大事なのはお前だけだ!」と断言してほしい…そんな言葉はいっさいなく、私と相手を天秤にのせているような言い方ばかりするので、許す気にはなれませんでした。

どちらにも優しいって、罪なことだと思います。それって結局、どっちも本当に大事じゃなかったんじゃないか? どっちが大切なのか、どうしたいのか、本当にはっきりしてほしかった。ま、別れてしまったので、いまさらいいんですけど…。

別れないほうがいいよね?(奈緒子さん/33/飲料メーカー)


結婚して4年、2歳の子どもがいて、現在2人目を妊娠中です。不倫が発覚したのは、2人目を妊娠してすぐのこと。旦那はすべてを認めて謝罪をしましたが、ショックが大きくて涙が止まりませんでした。

今後のことを話し合う重たい空気のなか、旦那が口を開きました。「子どものためを思うなら、別れないほうがいいよね? まだ小さいし、2人目も産まれるし…」。

shutterstock_530462995

え…その言い方は何なの? 子どもを理由にすれば私が許さざるを得ず、「離婚まではしないだろう」とでも思っているの? 私の気持ちも聞かないまま、まるで他人事のようにそんな言い方をするなんて。

相手との関係はきっちり絶つと宣言するとか、今後の決意や誠意のようなものが、その言葉からはみじんも感じられませんでした。旦那自身はどうしたいのか、子どものことをもち出さず、自分の責任は自分で取ってほしい。そう思ったもののショックで説明する気力も湧かず、そのままズルズルと来ている現状です。



離婚しても、しなくてもいいって…(祐美さん/30/販売店勤務)


結婚3年目、仕事も貯金も頑張って「これから子どもを考えようか」というとき、旦那が職場の後輩と浮気をしていることがわかって…裏切られたというショックが大きかったです。

私は旦那との未来を思い描いて前向きに過ごしてきたのに、旦那は違ったのかと。怒りが込み上げましたが、冷静に、冷静に…と自分に言い聞かせながら、旦那と話をしました。

最終的には「別れるか、別れないかの話」になったのですが、「祐美が離婚を望むのなら、離婚してもいいけど…」と言った矢先に「祐美が子どもを望むなら、離婚せずに子作りを考えてもいいし…」と、完全に人まかせ。

shutterstock_1207123126

なんですか、それ? まるで他人事ですけど、あなたは一体どうしたいの? 優柔不断で決断できないだけじゃない、自分の意見はないの?

こんな人との未来を思い描いていた自分が、なんだか本当にバカらしくなりました…と言いながら、のらりくらりと優柔不断にかわされていて、離婚できていないんですけどね。

聞いてるこっちがイライラしてくるような、夫たちの優柔不断発言。でも「みんなに優しい顔をしたい人は、本当に優しい人じゃない」とは言えると思います。一番大切にすべきものを守れない優しさに、意味はありませんよね。

shutterstock_1070741999 (1)

ライター:芦名柚希
看護師だった経験を活かし、看護師ライターとして活動中。優しいものの、家事レベルが極めて低い夫と結婚後、現在は3人の子育てに奮闘しています。女性の多い職場や、ママ友の世界にも身を置き、世間の厳しさを実感。ブレずに自分らしく生きていきたいと思う、今日この頃です。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る