注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

収入激減でも家事・育児をしたい夫に「それは私の将来設計と違う」と妻が反論

コミュニケーション

2019.02.27

20190226tenshoku01子どもが生まれれば、旦那さんも育児に参加するのが当たり前。しかし仕事によっては、なかなか思うように協力できないケースも出てきます。そんな時、果たして旦那さんはどうするべきなのでしょうか。

 

家事育児を手伝いたいと主張する新米パパの悩み


以前ネット上では、「家事育児へ参加するために転職したい」という男性のお悩みが物議を醸していました。旦那さんの話によれば、「妻が慣れない育児と家事に苦戦しているようで、手伝ってほしいと言われています」「しかし今の仕事は深夜残業や休日出勤が多く、家事や育児に時間が取れません」とのこと。

 

実のところ旦那さんは家事が得意なうえ、子どもの世話も大好き。むしろ奥さん以上に家事や育児をしたいと考えています。そこで転職先を探してみると、現在の仕事とは比較にならないほど時間的な余裕がある仕事を発見。1つ懸念があるとすれば収入が激減してしまうことですが、それ以外は旦那さんの希望条件にベストマッチしていました。

 

さっそく旦那さんは転職する方向で動き始めますが、奥さんは顔色を変えて猛反対。収入が減っても生活は十分できると説得しても、「それは私の考えている将来設計と違う」と反論されてしまいます。

 

どうしても納得してくれない奥さんに音を上げた旦那さんは、「私はどうすればいいのでしょうか」と意見を募りました。

 

転職反対派の意見が優勢?


世間の人たちの考えは2つに分かれ、どちらかといえば「転職すべきではない」という意見の方が多く見られます。

 

「奥さんの描く将来設計は分かりませんが、やはり収入はあるに越したことはないですよ。子どもが大学に行くとなれば、早い段階から貯蓄しなければなりませんし」「家事育児はある程度奥さんに任せるのはしょうがないとして、仕事は続けるべきだと思うなぁ」「多分ちょうど今が子育ての一番大変な時期なんだと思う。あと数年経てば奥さんにも余裕が出てくるだろうから、それまで旦那さんも頑張らないと」などの声が。

 

一方で転職賛成派からは、「家事や育児をするために転職するなんて立派だと思う。正直その考え方を自分も見習いたい」「収入が減っても生活していけるのであれば、全然問題なさそうだけどね。転職して奥さんを楽にしてあげたいなんて良い夫の代表だよ」「そもそも仕事的に転職するべきでは? 激務が続くと体を壊してしまうかも」といった声が上がっていました。

 

本当にそのタイミングで転職するべきなの?


意外にも、奥さんの妊娠中や出産直後に転職したいと言い出す旦那さんは多いよう。たまたまタイミングが重なってしまっただけかもしれませんが、これから新米ママになっていく女性にとっては予想外のプレッシャーですよね。ネット上には、そんな奥さんたちが抱えていた不安の声が寄せられています。

 

「私は本当に出産直前で告げられたので、『私の精神面や身体的な負担は考えないの?』と腹立たしい気持ちに」「口では『応援してるよ』と言ったけど、正直心の中では『子どもが生まれたばかりなのに転職したいなんて何考えてるの?』と思ってたよ」「ウチの場合は『辞めないで』と言ったら体を壊してしまいそうだったので、何も言えませんでした」「せめて子どもが3、4歳くらいになってから言ってほしいところだよね。そうすれば私も働けるようになってるのに」などのエピソードが。

 

まずは転職のタイミングが「本当に今で良いのか」を考え、夫婦でしっかり今後のことを話し合う必要がありそうですね。

 

文/古山翔

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る