注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「俺の仕事とたかがパートを一緒にするな!」旦那の一言が脳裏から離れません…

コミュニケーション

2019.01.29

20190129sigoto01毎日忙しい主婦の方々は、家事や育児だけでなく“パート”をこなす人も多くいると思います。短時間労働のパートとはいえ、仕事は仕事。お金を貰って働くことになんら変わりはありません。しかし旦那さんは「自分の仕事とパートは一緒ではない」と思っているようで…。

 

パートを軽視する旦那さん


とある女性は、子育てがひと段落したためパートに出ています。労働時間は9時から16時で、月曜から金曜までの週5日勤務で収入はおよそ8万円ほど。少しでも生活のたしになればと思い、日々の家事をこなしながら必死に働いていました。特に今の生活に不満はない彼女でしたが、ある日問題が発生することに。

 

その日は旦那さんが仕事でうまくいかないことがあり、いつもよりも少し不機嫌な状態で帰ってきました。励ましてあげようと思い、旦那さんに「仕事の悩みだったらなんでも言ってね。私もパートで嫌なことがあると、ついイライラしちゃうから気持ちわかるよ」と語りかけた彼女。ところが旦那さんは、「俺の仕事とたかがパートを一緒にするな!」と急に怒りだしたそうです。突然の出来事にビックリして彼女は何も言い返せませんでした。

 

問題の発言があった日から、彼女は旦那さんの一言が頭から離れません。悩んでいても仕方がないので、世の女性たちに「こんなこと言う旦那をどう思います!?」「何て言い返すのが正解でしたか?」と救いの手を求めています。

 

旦那さんの一言に怒り爆発!


彼女が言われた旦那さんからの一言に、女性たちからは「そんなことを言う人が実際にいることに驚きを隠せません」「世の中にはその“たかがパート”に責任ある仕事をさせる会社もありますよ」「パートだけじゃなく家事や育児もしてるのに、その言い方は本当にありえない」「パートも立派な仕事です。今回の発言はマジで“何様?”って感じ」「家族のためを思って頑張ったはずが、その言い草は最低…」「見下しているみたいで本当に嫌!」と怒りの声が続出していました。

 

他にも「言い返したほうがいい!」と考える人からは、「こっちは家事もしてるってハッキリ言ってあげなきゃ」「そのパートが家計を支えているなら反論しましょう。でないとこれからも旦那は変わらないから」「“家事を半分やってくれるならフルタイムで働くけど?”って聞き返すべき」などのアドバイスが。

 

一方で「自分が旦那さんの立場だったら、同じことを言ってしまうかも…」という人もいて、「逆の立場だったら旦那さんの気持ちもわかる。かといって口にしてはダメだけどね」「労働時間だけみたら全然違うものにも思える。ただし感謝の気持ちが無いのは許せない」といった声が上がっています。

 

パートをする理由


旦那さんの発言には女性たちから怒りの声が殺到していましたが、世の主婦たちがなぜパートに出ているかを知ったら「一緒にするな!」なんて言えなくなるかも。

 

厚生労働省はパートで働く主婦の実態を調べるため、「主婦パートの働く目的」というアンケートを実施。“どのような目的で働いているか”を聞いたところ、教育費などの支払いを目的とした「家計補助のため」が44.4%で1位です。2位は最低限の生活費を稼いだりする「生活維持のため」が35.9%で、レジャーや趣味などの費用を増やす「生活向上のため」は全体の18.8%で3位でした。

 

この結果にネット上では、「やっぱりどの家庭も旦那さんのお金だけじゃ食べていけないんだね」「世の中不況だし納得の調査結果」「今の時代は共働きでないとキツイのかも」「家事だけでなく仕事もするなんて、主婦の人たちは本当に偉いと思う!」といった反響が起こっています。

 

もしも相談者の旦那さんと同じセリフを言われたら、ハッキリと反論したほうがいいかもしれませんね。

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る