注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「夫を見たのは年2回」年収2000万円超〝勝ち組〟妻の抱えきれない虚しさ

コミュニケーション

2019.01.28

周りからは「玉の輿」なんてうらやましがられ、自分自身も鼻高々でゴールインした、高収入夫の妻たち。この先も幸せが続く…と思っていたら「期待とはまったく違った未来が待ち受けていた」と彼女たちは言います。彼女たちの抱える苦悩と後悔、いまの生活についてお話しいただきました。

 

7年で15人と浮気(陽子さん/34/パート)

結婚を両親に告げたとき、なぜか母が「金持ちはやめておきなさい!」としきりに言っていた意味が、いまになってよく分かります。大手総合商社に勤める旦那は、エリートたちのなかでもいわゆる「キャリア組」と言われる存在。若くから責任のあるポストを任され、その後も順調に出世してきました。

shutterstock_530496550

そんな旦那を射止めてゴールした私は「勝ち組」だと思っていたのですが、「お金のある男性は結婚しててもモテる」ということをうっかりしていました。そして仕事ができるということは、時間の作り方も上手だし人づき合いに余裕もある。案の定、彼は浮気を繰り返すようになりました…しかも予想以上のペースで。

私が知るだけでも結婚7年間で15人、1年あたり2人ペースですよ!? でも、きっとこれは氷山の一角にすぎないでしょう。浮気がバレるたびに旦那に詰め寄りますが上手にかわされてしまうし、そもそもいまの生活を手放す勇気のない私に「離婚する」なんて言えません。

周りの富裕層ママに相談すると「男の不倫は文化のうちだから」と訳の分からないことを家あれるし、彼女たちも旦那さんの不倫を黙認している様子。思っていた幸せとは、ますますかけ離れていくこの頃です。

高収入夫にふさわしい家族って?(奈穂さん/33/パート)

中小企業の社長をしている旦那と結婚し、一等地にあるタワーマンションで結婚生活をスタートさせました。最初は浮かれていたのですが、次第にことの重大さに気づくようになります。

そこそこの価格のマンションですから、周りの家も富裕層ばかり。文字通り「勝ち組の住まう塔」なのですが、ここでの生活はとっても堅苦しいんです。どの家の奥さんもちょっとした外出時にも、きれいな服や着物を着こなし、完璧な化粧をしています。

shutterstock_1231521568

高収入旦那を支えつつ家事や育児も完璧にこなし、なかには旦那の資産運用のため投資をしている奥様まで…みなさん、完璧なまでの仕上がりです。それは子どもも同じことで、きっちりと清潔な格好をした子どもが、まるで大人のような挨拶をしながらエレベーターに入ってくるんです。

いっぽうわが家はというと、仕事以外の日はジャージで過ごしたい私と、口も態度も悪く仕上がった4歳の息子。「旦那の年収に見合った家族にならなきゃいけない」と日々意識はしていますが、本音ではとても辛く息苦しい生活です。

これが〝高給取り旦那を持つ妻の役目〟ならば、私にはもう無理かもしれません…。

2か月間連絡が取れない(由紀さん/30/事務員)

外資系商社に勤める旦那と結婚して7年、結婚当初は周りから「玉の輿」と言われてうらやましがられ、私も鼻高々だったと思います。いまや旦那の年収は軽く2000万円を超え、いわゆる高層マンションに住み、高級外車も所有しています。

結婚2年目には子宝にも恵まれ「これからも順風満帆な未来が待っている!」と思っていたのですが、現実はまったく違っていました。高給取りゆえか外資系勤めの定めか、旦那は1年のうちのほとんどを海外で過ごします。

shutterstock_112570424

日本に帰ってきても家には帰ることなく、全国を飛び回る毎日…去年なんて、顔を見たのは1年間でたった2回ですよ!? しかも連絡もまめにするタイプではないので、2か月間まったく連絡が取れないなんてざら。生きているのか死んでいるのか分からないときだってある…。

娘がいるので寂しさもまぎれますが、私が想像していた結婚生活とは大きくかけ離れたものでした。母娘ふたりには広すぎる家で暮らし、運転免許のない私にはなんの用もない高級外車を横目にバス通勤する日々。毎月口座に振り込まれる生活費を見るのが、唯一の楽しみです。

「お金と幸せは比例するとは限らない」とはよく言われますが、その理由は彼女たちの語る現実にあるのでしょうね。立場や環境が異なれば、それに伴った悩みや問題が出てくるものです。

shutterstock_112923094 (1)

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る