注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

話題の「#●●に2本分で告白」あなたなら誰に何を伝える?

コミュニケーション

2019.02.05

20190124kazoku01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードを解説&深堀りしていきます。今回取り上げるのは、Twitterで話題の「家族に2本分で告白」。

 

「ポッキー」2本分の時間で大切な人に告白!


今年1月にTwitter上で、「#家族に2本分で告白」というハッシュタグがトレンドに入りました。これは人気スナック「ポッキー」のツイートキャンペーンで使用されたハッシュタグ。ポッキーのTwitter公式アカウントをフォローして“告白”をツイートすると、「ポッキーオリジナルペアマグカップ」が抽選で22名に当たるというものでした。

 

なぜ“2本分”なのかというと、現在「ポッキー」は期間限定で“2本”だけ増量しているから。ポッキーが2本増えたということは、ポッキーを食べる“時間”が2本分増えたということです。今回のツイートキャンペーンは、この“2本分の時間”を使って大切な人に気持ちを伝えようという趣旨。実際に「#家族に2本分で告白」で検索をかけると、多くの人々から“告白”が寄せられていました。

 

まず多いのが日頃の感謝をこめた告白で、「お母さん、いつもありがとう」「面と向かっては言いづらいけど感謝してます」「産まれてきてくれてありがとう」といった声が。家族の人に感謝を伝える良い機会になっているようです。また隠していることを文字通り“告白”する人も。「冷蔵庫のプリンを食べたのは私です」「妻がストックしていたポッキーを食べてしまいました」「実は正月でかなり体重が増えてます」という書き込みも見受けられます。

 

その他、「今度夫婦で旅行にいこう」「これからも笑顔が絶えない家庭にしたい」「父と母に支えられたから受験勉強頑張れた! 絶対に合格する!」といったツイートも。こうした企画に参加し、家族に気持ちを伝えてみるのもいいですね。

 

友達やアイドルに告白する人も!


ちなみにこのキャンペーンでは、「#友だちに2本分で告白」「#恋人に2本分で告白」「#○○に2本分で告白」というハッシュタグも用意されていました。「#友だちに2本分で告白」では、「就活を応援してくれてありがとう!」「今度ラーメン食べにいきたい」「いつも仕事の愚痴ばっかり言ってごめんなさい」といった投稿が。また「いつか友達以上の関係になりたいです」という“告白”もつぶやかれていました。

 

「#○○に2本分で告白」では、思い思いの人への告白が多数。「嵐のメンバーに感謝を伝えたい!」「友達でも恋人でもないけど、クラスメイトの○○さんが好き」「インフルエンザさん自分の体の中に入らないで!」「こんな素敵な企画をしてくれたポッキーさんありがとう!」といった声が寄せられています。

 

Twitterで“おにごっこ”が勃発!?


近年ハッシュタグを利用したキャンペーンは様々な企業で採用されており、拡散力の高さが注目を集めているようです。例えば以前にキリン「淡麗グリーンラベル」は、「ツイッターおにごっこ」というキャンペーンを実施。Twitterならではの斬新さが話題になりました。

 

どのようなキャンペーンなのかというと、まず参加者は“おに”として設定された「淡麗グリーンラベル」のアカウントから「#イインダヨ」と投稿。この“おにアカウント”は1号~3号まで用意されており、「#イインダヨ」と書かれた投稿を全力で“追いかけ”ます。そしておには該当のツイートを発見すると、「#グリーンダヨ」とリプライ。「#イインダヨ」とつぶやいて30分以内に「#グリーンダヨ」と返信されなかったら参加者の勝利です。

 

この企画に参加者からは、「全く新しい方法のプロモーションで正直感心した」「面白かったしまたやってほしい!」という声が。今後も数多くの企業によって、面白いハッシュタグが生み出されていくことでしょう。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る