注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

不倫で離婚した夫から鳥肌モノの〝復縁ラブコール〟妻のリアクションがスゴい!!

コミュニケーション

2019.01.18

たび重なる不倫にほとほと愛想を尽かし〝宇宙イチ心が離れた存在〟となった末に離婚した元旦那。妻たちはとっくに「過去の存在」だと思ってたところ、まさかの復縁ラブコールを受けました! 思いもよらぬ展開に、妻たちが取った行動やいかに?!

 

あんたがそれ言う?!(ゆうこさん/37/事務)

職場の年下女性と浮気した元旦那に愛想を尽かし、3年前に離婚しました。5歳の息子との面会で月に一度は顔を合わせるものの、子どものこと以外では交流もない関係が続いていました。

そんなとき、私に「この人ならもう一度結婚したい」と思える人が現れました。おつき合いするうちにプロポーズを受け、彼の家に引っ越すことになったんです。なので息子との面会のとき「再婚することになったから、もう養育費はいりません。引っ越し先は県内だから、息子との面会は続けられると思う」と報告。すると…元旦那から、思いもよらぬ言葉が返ってきました。

shutterstock_511172077

「再婚なんて聞いてないぞ! 最近俺たちいい雰囲気だったじゃないか、やり直せるかもって思っていたのに!」と、見当違いの大抗議。あげくの果てに「そんなの認めないぞ! だいたいそいつ、ちゃんとした男なんだか…」と…あんたにだけは言われたくない。

懸命の説得(?)とともに復縁を懇願されましたが、私の心には1ミリも響かず。「じゃあ、そういうことだから」と告げ、さっさとその場を去りました。いまは再婚して幸せです。

便せん5枚の痛ポエム(かえさん/36/販売)

 旦那の長年の不倫がわかり1年前に離婚した私は、4歳の娘を連れて実家に帰っていました。仕事先も決まって新たな生活に慣れてきた頃、私宛てに一通の手紙が届いたんです。宛名の字には見覚えが…そう、別れた旦那からでした。女子高生が彼氏に渡しそうなハートが踊るラブレター風デザインの封筒、しかも離婚後は旧姓に戻したのに、宛名には結婚当時の名字が。

shutterstock_1089631715

恐る恐る開封して広げると「やっぱりだめだ、俺には君がいなきゃ」「寂しいって言葉じゃ足りないよ」と寒気がするほどのポエムが並んでいました…その数、便せん5枚分。よく見ると1枚ごとにペンの種類が違っているので、何日かに分けて仕上げたこともわかります。「酔った勢いとかじゃないんだ…」と分かると、さらに寒気がしてきました。

「それじゃあ、返事待ってるから」と締めくくられていましたが、これにどう返せというの? とりあえずシュレッダーで裁断して、燃えるゴミに出しておきました。

小学生の作文風LINE(さやかさん/34/受付)

 たび重なる浮気をした旦那とようやく離婚し、女手ひとつで6歳の娘を育てる覚悟を決めた私。パート先に正社員として雇ってもらえることになり、毎日あわただしく働いていました。そんなときでした、元旦那から久しぶりに電話がかかってきたんです。

(事務的な連絡かな?)と思ってかけ直すと、「あの頃は俺がどうかしてたよ。もうニ度と浮気しないから、もう一度やり直したいんだ」と復縁を懇願するじゃないですか。でも「ニ度と浮気しない」はいままで数え切れないほど聞いたので、「結構です、他を当たってください」ときっぱりお断り。すると翌日からは毎日、LINEを送ってくるようになりました。

shutterstock_1254354652

「今日はひとりでカレーを食べました。さやかの作ったカレーが恋しいです」
「もう絶対に女の人と遊びません。約束します」
これじゃ、まるで小学生の作文です。

「了解です。先方には私から連絡いたします」
「上司と間違えた。いまでも毎日、さやかのことを考えてるんだ」
と温度差の激しい内容が連続で届いたことも。(よくもまあ、こんだけスイッチ入れ替えられるな…)と、ちょっと感心しつつほったらかしてます(笑)。


本人は本気のつもりでも、思わず笑ってしまいそうなラブコールもちらほら。どの女性も、ラブコールに惑わされることなく、そのまま突き進んだ方ばかりでしたね。不倫の末に離婚した女性たちの決心は、想像以上に固いようです。

shutterstock_193021118 (1)

ライター:楠 ゆず
娘と夫、茶トラの猫の3人+1匹で暮らすフリーライター。思い切ってマンションを購入し、ローンパラダイスへ突入中。幼児教育にハマってしまい、興味をもった教材は手に入れないと気が済まない。おかげで家には教材の山が…。断捨離欲と収集欲の葛藤に悩む日々です。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る