注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫は出世し年収1500万円…でも「これを幸せと呼ぶの?」と自問する夫婦の話

コミュニケーション

2019.01.17

世帯年収1500万円といえば、マイホームも車も手に入るし、子どもにやりたいこともさせてあげられる、欲しい物は不自由なく手に入る…といった、いわゆる「富裕層」。さぞ幸せな毎日を送っているのかと思いきや、なかには「お金がないころのほうが幸せだった」という方々も。その理由とは!?

 

引き換えになくなった家族の時間と絆(麻美さん/32/パート)

私の勝手な実感かもしれませんが「お金と幸せは必ずしも比例しない」と思います。

結婚当初は旦那の稼ぎも少なく、お金の使いみちや貯蓄なども夫婦で相談して決めていました。もちろん車なんてなかったので、買い物するときはふたりで自転車を並んで走らせ、安い品を求めてスーパーを回ったものです。数年経って、ふたつの自転車の間に小さな息子の自転車も入ったりして。

shutterstock_583571995

中堅といわれる年代に入った旦那は順調に出世し、わが家の経済状況は飛躍的に向上。生活水準は上がり、念願だったマイホームや車も手にしました。しかしその一方、旦那は仕事(本当に仕事かどうか分からないときも)で家を留守にすることが多くなり、たまに家にいても家族と話すこともなく車やゴルフ道具の手入ればかり。家族での外出なんてまったくなくなってしまったんです。

家族は一緒にいるからこそ絆も生まれ、会話を重ねるからこそ信頼し合えるのだと思います。最近では、ひとりには大きすぎるわが家のリビングにポツンと座りながら、小さかったけど何倍も暖かかった昔の家を思い出すことがよくあります。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る