注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

旦那のいびきがうるさくて眠れない!旦那さんにバレずにできるいびき対策

コミュニケーション

2019.01.04

176-1

一緒に寝ている旦那がいびきをかいていると、ぐっすり眠ることもできませんよね。たまのいびきなら我慢もできますが、毎日だと安眠妨害になります。睡眠不足が続くと体調を壊してしまい、ストレスもたまってきます。

子どもがいる家庭では朝早く子供が起きることも多いので、十分に眠れない人もいるのではないでしょうか。とはいえ、旦那にそれを伝えるのは酷なように思えて、一人で我慢している人も少なくありません。ここでは旦那のいびきのせいで眠れないという人に、こっそりバレずにできるいびき対策を紹介します。

■耳栓をする

旦那のいびきがうるさい場合、いびきそのものを治してくれると良いのですが、簡単に治らないこともあります。とはいえ、睡眠時間を確保しないと自分の体調も崩れてしまいます。

そんなときは耳栓を利用してみるのはいかがでしょう。いびき対策グッズとして市販されていますので、うるさいいびきをシャットアウトすることができます。

外音を全くシャットアウトするタイプの耳栓もあれば、いびきの低音だけをカットし、アラームなどの高音は音を通す仕様の耳栓も販売しています。

旦那にいびきのことを伝えにくい人は、耳栓を利用して対処してみてはいかがでしょう。

 

■横向きの体勢にする

いびきは喉周辺が空気に振動して起きるので、寝ている体勢を変えてあげるといびきが止まることがあります。

いびきは仰向けで寝ているときに起きることが多いので、横向きにしてあげると舌の位置が変わり、気道が広がっていびきがとまります。

寝ている人を横に向けるのは大変ですが、枕の下に本やタオルを入れて動かすと、楽に横向きにすることができます。また、クッションなどを背中に挟ませると、女性の力でも旦那を横向きに移動させられます。

普段から自然に横向きで寝られるよう、抱き枕などを用意しておくと良いでしょう。

■枕を変える

いびきは気道が狭くなることで生じますので、気道を確保するために枕の高さを変えてみると、改善されることもあります。枕の位置が合っていないと、のどが圧迫されていびきが起きているかもしれません。

枕の高さが変わると眠れないという人もいますので、旦那が寝た後にタオルなどで調整し、いびきが起きない位置の高さを調べると良いでしょう。高さを調べたら同じくらいの高さの枕を購入し、今の枕と交換してみましょう。

枕が高いといびきが起きるとされていますが、枕が低くてもいびきは起きます。枕の高さが本人に合っていないといびきが起きますので、枕が低い場合でも下にタオルを足して調整してみると、いびきがとまることもあります。

■晩酌を減らす

176-2

アルコールを飲むとぐっすり眠れそうに思えますが、アルコールには覚醒作用があるので最初は眠くなっても、アルコールが覚めてくると覚醒作用が生じ、興奮して眠れなくなってしまいます。

アルコールは筋肉を弛緩する働きがあるので、寝ているときに舌が落ちて気道を塞いでしまいます。そのため、空気が正常に流れなくなりいびきが生じます。

アルコールを摂取すると一時は深い眠りにつくことができますので、その間にうるさいいびきが起きてしまいます。

本人を起こそうとしてもアルコールの効果で起きないので、お酒を飲んで寝ている間はいびきを我慢しなくてはなりません。

旦那のいびきをこっそり治したいなら、寝る前の晩酌を控えるよう伝えてみてはいかがでしょう。旦那の健康を労ってのことだと思う男性も多いので、いびきが原因だとバレないのではないでしょうか。

■口呼吸を止めさせる

いびきは口呼吸によるものなので、鼻呼吸に変えさせるといびきが止まります。口をふさぐことでいびきが止まりますので、口が開かないようマウステープを貼ると効果が期待できます。

いびき対策用のサージカルテープや、鼻腔を広げるテープなどさまざまなタイプのものが販売されていますので、いろいろ試してみてください。

中には絆創膏をサージカルテープ代わりに利用する人もいますが、鼻呼吸に切り替わらないこともありますので、なるべく専用のテープを利用するようにしましょう。お手頃価格で販売されていますので、枕を買い換えるよりは安くすむことでしょう。

■少しだけ、刺激を与える

いびきをかいて寝ているときに、少しだけ相手の体に刺激を与えると、いびきをやめてくれることがあります。

体をゆさぶって刺激を与えると、脳が反応しますのでいびきをやめることもあります。また、ライトを顔にあてると、寝ていても脳が光を感知するので、いびきが止まることもあります。

他にも寝ている旦那の耳元で話しかけてみると、効果があることも。いろいろ刺激を与えてみると、旦那のいびきをとめられるかもしれませんね。

■まとめ

いびきの対策についていろいろ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。旦那にいびきのことを伝えづらいと考える人も多いですが、いびきは病気の兆候を表わしていることもあります。

本人に自覚症状がない場合、対策のしようがありませんので、できれば本人に伝え、まずはいびきを止めるようにお互い努力しましょう。

対策をしても改善されない場合は病気が原因かもしれませんので、医師に相談してみることをおすすめします。また、めったにいびきをしない人がいびきをしている場合、脳梗塞や脳卒中などの脳の病気も考えられますので、気を付けましょう。

 

 

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る