注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「妻が自分のTwitterを監視していたら…」SNSのモニタリングで離婚のゴングが鳴る

コミュニケーション

2018.12.20

20181220sns01現在ではすっかり人々の生活に浸透しているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。InstagramやTwitter、Facebookなどがお馴染みですが、近年このようなSNSを発端とする“夫婦トラブル”が多数報告されています。

 

夫のSNSに謎の依頼が…


最近とある掲示板サービスに、SNSトラブルから離婚へと発展してしまった女性の体験談が投稿されました。書き込みによると彼女の夫は、ある日SNS上で10代の女性から「彼氏の振りをしてくれ」と頼まれたそうです。

 

夫は投稿者との話し合いの末、その依頼を受けることに。しかし後で確認すると、SNS上には度を越えた行為の数々がアップされていました。具体的にはお互いの手を握っているものや、夫の車でドライブを楽しんでいる写真など。この一件で長年暮らしてきた夫婦の仲に亀裂が入ってしまい、現在投稿者は離婚を考えているといいます。

 

これに他のユーザーからは、「元々夫が別れを切り出させるために結託してたんじゃない?」「絶対最初からつき合う気満々だったでしょ」「堂々と浮気する口実にSNSを利用していたとしか思えない」といった意見が。また「最近はこんな形で別れちゃう夫婦がいるのか」「やっぱりSNSって怖いな…」といった声も上がっていました。

 

結婚したら元カノの写真は消すべき?


ネット上の声を見ていくと、他にも様々なケースのSNSトラブルが。例えば以前には、妻にSNSを見られて激怒した夫の書き込みが話題になっていました。

 

この男性は最近結婚したばかりなのですが、ある日妻が彼のSNSを監視していることが発覚。夫はTwitter上で元カノとやり取りしていたものの、やましいことはなかったため隠していなかったそうです。またInstagramには、元カノと過去に訪れた写真が投稿されたまま。そのため妻は元カノとの関係を夫に追及したり、写真の消去を求めるようになりました。

 

一方で夫は「わざわざSNSを見るのは普通じゃない」と主張しますが、妻は「誰でも見れるSNSに残しているのが悪い」と反論。そこで投稿者は、自分と妻のどちらが正しいか他のユーザーに意見を求めています。

 

こちらは意見が真っ二つに割れ、夫を擁護する人からは「写真を消さなければならない理由がわからない。それくらいは許してあげるべき」「食卓に堂々と元カノの写真が置いてあるなら話は別だけど、勝手に見て勝手に不機嫌になるのはどうなの?」「結婚したらそこまで人間関係を清算しないといけないのか…」といった声が。また「Instagramに元カノの写真があるなんて最近だとよくあること」との意見も寄せられていました。

 

一方で妻擁護派からは、「“嫌なら見るな”って言われても気になっちゃうものでしょ」「そもそも結婚してからも元カノと繫がってるのがありえない」「元カノの写真ってそんなに大事なもの? 素直に消せばいいじゃん」といった厳しい言葉が。男女によっても、SNSに対する考え方には違いがあるのかもしれません。

 

SNS利用率が高い夫婦は仲が良い?


数々のトラブルを生んでしまうSNSですが、使い方によっては夫婦円満のためのツールになることも。以前「株式会社パートナーエージェント」が行った調査で、仲のいい夫婦ほどSNS利用率が高いことがわかりました。また夫婦のコミュニケーション手段に関する質問には、1位「直接会話」(77.9%)、2位「電話」(58.2%)に次いで「SNS」(42.2%)が3位。今は「電子メール」(37.9%)よりも、SNSの方が夫婦間のコミュニケーションツールとして使われているようです。

 

ネット上でも「夫とSNSを見せあってるし、そこから会話が生まれている」「お互いに“いいね”つけ合ったりすると楽しいよ?」といった報告が。SNSの利便性を味方につけて、よりよい関係を築けるとよいですね。

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る