注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「俺より稼いでから言え!!」夫の金銭的マウンティングにもう病みそう…

コミュニケーション

2018.12.04

夫から妻への金銭的マウンティングは、昔からよくあること。古くは専業主婦の妻に向かって「誰が食わせてやってんだ!」、そしていまや働く妻に「俺より稼いでから言え」と暴言を浴びせる夫たち。モラハラ夫からの攻撃にあったママたちにお話を聞きました。

 

たまには買ってもいいじゃない!(恵子さん/43/宅配業)

会社の後輩の結婚式に招待され、喜んで参加させていただくことにしました。問題は結婚式に着ていく服。結婚式なんて久しぶりだったし、いままで着ていたのは、サイズも雰囲気もなんだか流行遅れ。

「この機会に新しく買おう!」とワクワクしながらサイトを眺めていたときのことです。「スーツ買うのか? いい身分だな」という主人の言葉にカッチーン! 

shutterstock_697606612

「そんなに高いのは買わないよ」と言うと「数万もするスーツ買えるほど、稼いでないだろ」と言うんですよ。「え、じゃあなたが買ってくれるの? 嬉しいわ」と皮肉まじりで返すと「俺より稼いでから言え、っていうか、そんなスーツが似合う体型になってから言え」ですって。

稼ぎっていったって、主人と私じゃ実はそんなに変わらないし、体形のことだっておっさんを絵に描いたようなあんたに言われる筋合いはないわ! そう叫びたかったです。

初孫の出費をケチりまくり (陽子さん/47/インストラクター)

私には子どもが4人います。結婚が早かったのですでに結婚している息子がいて、このたび嬉しいことに孫が生まれました。初孫でもあり、かわいくてかわいくて。

shutterstock_374568568

服や育児グッズなどを買ってあげたくて、お嫁さんの実家と相談しながら、品物を見に行ったりネットで探したりしていました。主人にも相談をすると「そんなに買うのか」とあきれた顔をしているんです。

「向こうのご両親と相談して、買うものを分担したのよ。あちらには里帰り出産でお世話になるんだから、それなりに費用がかかるしね」と言ったのですが納得のいかない様子。金額的にも決して出しすぎではないですし、当たり前のことだと思ったのですが…。

「なんでうちがこんなに何万も出さなくちゃいけないんだ」「だからお世話になる分、こちらもそれなりに準備してあげないと」と言い争いの末、ついに旦那が爆発。

最後に言い放ったひと言は、「たいして稼いでいないくせに、俺が稼いだ金をお前が好きに使うな!」でした。あきれてものが言えませんでした…これから孫がらみの行事がたくさんあるのに、この調子かと思うといまから憂鬱です。

使途不明金をまとめろ!(知子さん/45/ケアマネージャー)

うちの旦那は「どんなことも知っておきたい人」。気になったことは納得できるまで執拗に調べようとします。家のことでも何かが気になるととことん追求して、細かいものまで「証拠を出せ」と言ってきます。

すべてが帳簿通りにいけばよいですが、私は家計管理は苦手な方で…交際費や雑費などの使途不明なお金って、多少は出てきませんか? 向いてないので家計簿はつけてないのですが、レシートを取っておくなどでお金の流れはある程度把握しているつもりです。でも先日、クレジットカード請求が引き落としできなかったことがありました。

「なんでこのカードの請求が落ちてないんだ?」「たまたま他のものが落ちるのを忘れてて、残金が足りなかっただけよ。明日には入金してきます」…この返事がいけなかったんでしょうね、旦那が怒り出したんです。

「いまからすぐ入金しに行け! あと、お金の流れがどうなっているか通帳や家計簿を確認するから、お前のも全部出せ!!」と言いだして…こうなるともう止められません。

shutterstock_1132943819

パソコンソフトまで使って細かく計算し始め、「こんなに不明支出があるんだけど、どうなってるんだ!」と…そのなかには、私がこっそり貯めているへそくり貯金なども含まれます。

なんとかごまかそうと「そこまではわからない」と言うと「俺よりも稼いでいるなら文句は言わないが、そうじゃないんだからお前に言い訳する権利はない! 思い出してまとめろ!」と容赦ありません。あれから数週間経ちましたが、追及はやまず…病んでしまいそうです。

夫婦は協力し合ってひとつの家庭を運営しているもの。どちらにも上下はありませんし、もちろんこんな発言は、決して許されるものではありません。堂々と抗議していいんです!

shutterstock_1135107992 (1)

ライター:恩田有起
自宅で、仕事と介護をしながらライターとして活動中。大学生と中学生の子を持つ二児の母。マイブームはひとりカフェ。ipadや手帳を持ち込んで、まったりと作業することがなによりの贅沢。最近の悩みは、カフェスイーツを食べずにはいられないこと。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る