注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

切った爪が捨てられない…夫の知られざるヤバい収集癖に御用心!

コミュニケーション

2018.11.30

20181129cokect01自分のお気に入りのものや、こだわりのものを集めて楽しむ“収集癖”。集めたものを眺めて癒されたり、集めるという行為に満たされている人も多いようです。しかしその一方で、結婚後に分かった旦那の収集癖に困っているという人も。そこで今回は、世の中の収集癖についてピックアップしました。

 

家の中で捨てられると“困るもの”とは?


11月14日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX)では、変わった収集癖を持つ男性を紹介。その男性が集めているものとは、なんと“自分の切った爪”でした。

 

切った爪をゴミ箱まで捨てるのが面倒だという男性。ある日近くに置いてあった“ハーブティー”の空き缶へ切った爪を入れたところ、その日以来缶に入れるのが習慣になってしまったそう。そのうち、“愛着”が湧いて捨てられなくなったといいます。さらに男性は、「暇な時に振ってシャカシャカと音が鳴ってるのを聞くと、“溜まってきたな”みたいなのが気持ちいい」と誇らしげでした。

 

しかし缶にびっしりと入っている“爪”を見た瞬間、付き合っていた彼女がドン引き。そこから気まずくなり、その彼女とは別れてしまったようです。

 

人に言ったことはないけど“こんなモノ”を集めています!


先ほど紹介した男性のように、さまざまなものを収集する人はどのくらい存在するのでしょうか。実際に、“お菓子やアイスのパッケージなどを集めている”という人から「変なものを集めてしまうのは自分だけかもしれない」という問いかけが。

 

その悩みに同じく収集癖のある人から、「わたしもあるよ! そんなにあってもしょうがないのに、歯磨き粉を集めてます。色んな味があってつい買っては並べてホレボレしてる」「ホテルのアメニティは使うか分からなくても持って帰る。可愛いパッケージだったりするとどうしても欲しくなりますね」「買った洋服についてる“タグ”が捨てられなくて全部まとめてとってある。何をするわけでもないけど、どんどん集めちゃう」といった共感のコメントがたくさん寄せられていました。

 

中には「使い終わってパリッパリに乾いた“ワンデーコンタクト”を集めてる」「服のタグではなく、服についている“襟タグ”をわざわざ取り除いて引き出しに収納しています」という“強いこだわり”を持った人も。他の人に共感されなくても、こっそりと楽しむのであればいいかもしれません。

 

あなたの“収集癖”は家族からどう思われている?


しかし、度の越えた“収集癖”に頭を悩ませられている人も多いようです。収集癖のある旦那さんを持つある女性は、“家が物で溢れて困っている”と悩みをぶちまけていました。カメラ・パソコン・マンガ・雑誌・DVDなど、さまざまなものを集めてしまう旦那さん。ある日、ガムのおまけがついたプラモデルをオークションで“箱買い”していたそうです。

 

同じような旦那さんを持つ女性たちからは、「コレクションしてるっていうよりはただただ“物欲”に任せて買ってるだけな気がする。お小遣い制にしたら買わなくなりました」「うちの旦那は引っ越しを機に変わったよ! 環境が変わるときに断捨離を勧めてみるのはいいかも」「『何日までに片づけられなければ捨てる』とか警告してみるのはどうかな」と励ましの声が続出していました。

 

“収集癖”も度が過ぎてしまうと厄介なもの。結婚を決める前にしっかりと見極めたいですね。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る