注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

僕は〝お手伝いさん〟で構わない!! 妻に焦がれる格下夫の「小ちゃな望み」

コミュニケーション

2018.11.20

各界で女性が活躍するいま、収入や社会的地位において、夫より「妻の方が高い格差婚」は珍しくありません。高収入のバリキャリ妻をもつ旦那さんたちには、妻本人にも言えないさまざまな苦悩があるようです。そんな夫たちが「妻にはとても言えません」という望みを聞いてきました。彼らのはかない願いとは!?

 

「ありがとう」のひと言をください(裕也さん/34/会社員)

 

妻は大手出版社で働くキャリアウーマン、それに引き換え僕はとある中小企業のしがない人事担当です。

当然年収も妻のほうが圧倒的に高く、一家の大黒柱は間違いなく妻。「男として屈辱じゃないか」と思われるかもしれませんが、僕は気にしてないし、妻に感謝すらしているんです。彼女のおかげで家も建てられ、人並み以上の生活をさせてもらっています。

shutterstock_552470059

そんな我が家では、残業のない僕が家事全般を担当しています。4歳の息子の保育園の送り迎えから始まり、掃除・洗濯、ゴミ出し、ご飯のしたくまですべて…妻はそれを当たり前だと思っているようです。

会社で多くの部下を抱えるクセなのか、家庭でも僕に対して常に命令口調で、どれだけ手の込んだ料理を作っても家を綺麗に掃除しても、ほめてはくれません。せめて「ありがとう」というねぎらいの言葉ひとつかけてもらえれば、またがんばれるのですが…。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る