注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「あぁ、そこじゃない!!」的ハズレな夫のリアクションに妻のイライラは増す

コミュニケーション

2018.11.02

「ただただ、話を聞いてほしい!」そんな気持ちになることって、ありますよね? ズバリ解決できる問題でもなく、現実が難しいことなくらい、大人なんだからわかってる。だけど夫に聞いてほしい、寄り添ってほしい! でもそんなとき、夫の返事はたいていの場合「的ハズレ」…もどかしい思いを抱える妻たちの話を聞きました。

 

欲しいのは「寄り添ってくれる気持ち」なの!(美希さん/30/飲食店勤務)

 

4歳の息子と2歳の娘の子育て中です。子どもたちの養育費もこれからますますかかりますし、将来のお金も心配です。なので私も仕事を続けていますが、仕事に家事、育児で毎日疲れ果ててしまって。いまはなんとかやりくりしてはいますが、「これから先なにかあったらどうしよう」と不安に押しつぶされそうな時も。

なのに旦那に相談すると、「え。じゃ、あといくらいるの?」とか、即物的なことを聞いてくるんです。「違うの! お金が欲しいんじゃないの!」と言うと、「え? お金の不安じゃないの? じゃ何?」とか言われてしまうのがオチ。

shutterstock_176409020

私としては、旦那に不安な気持ちを聞いてもらって「なにが心配なの?」「じゃあ、こうしよう」と一緒に考えたり、毎日疲れていることを理解してもらいたいだけ。話を聞いてくれるだけでいいんです。そして「子どもたちの幸せを考えて一緒に頑張っていこうね」って励まし合いたい…そういう気持ちって、ありますよね?

気持ちが通じない旦那にイライラしてしまうだけなので、最近ではなにも言わないようにしています。

「前のめりの解決策」提案にゲンナリ(沙織さん/29/販売員)

 

最近の悩みは、ママ友から執拗なイヤがらせをされたり、イヤミを言われること。ママは彼氏持ちのシングルマザーなんですけど、ことあるごとに「自分がいかに苦労をしているか」を自慢話のように言ってきては、旦那のいるママの悪口を言っています…うちは旦那の稼ぎが比較的いいせいか、目の敵にされていて。

「いい気になっている」とか、「他のママたちを見下している」とか言いふらしているんです。自分ではそんなつもりは全然ないんですが、それに同調するママも出始めて…つらくてめんどくさい状態です。

そんな悩みを聞いてほしいのは旦那です。なのに話すと決まって、「おれが一緒に行ってガツンと言ってやる!」とか「一度、ママ友全員集めて話し合ったほうがいい」とか、真っ向勝負の解決策を、前のめりでアツく語りだすんですよね…そうじゃなくて。

shutterstock_779081887

私の気持ちを理解してほしい、心細いから寄り添ってほしい。それだけ。どうしてそれがわからないの? と、旦那にイライラしています。引っ越しでもしない限り、この悩みは解消されないのもわかっていますし。「どんなことがあっても俺は味方だ!」、そのひとこと言がほしいだけなんですが…。

「大丈夫!」じゃなくて「大丈夫?」と言ってよ(陽子さん/30/会社員)

 

あまり健康に自信がない私は、「いつか体調が悪化したらどうしよう」という不安があります。いまは働けているので旦那の稼ぎも合わせて、生活費に養育費、少しの貯蓄ができていますが「私が働けなくなったら、この子はちゃんと育てていけるの?」。そう思うと、不安でなりません。

体調が悪くなると、お休みをもらう日があるんですが、そんな日は決まって不安が大きくなります。そんなとき息子の送り迎えやご飯のしたくをしてくれたり、私の好きなデザートを買ってきてくれる旦那には感謝しています。

ただ将来の不安を話すと、「俺は元気だし、大丈夫だって! なんとかなるよ」としか言わないんです。その「大丈夫」に根拠はなく、私から見れば、ただ目を背けているだけに過ぎません。

shutterstock_1178977810

「俺は大丈夫!」じゃなくて、「大丈夫? どこが不安? どうしたい?」…そんな〝寄り添ったセリフ〟がほしいんですが…不安と現実的な問題を見ようとしない旦那にイライラしてしまいます。

妻たちが感じている不安やつらさ…夫に求めているのは、解決策でもなければ気休めでもありません。「共感」や「寄り添う気持ち」。夫がそれを理解してくれる日は、訪れるのでしょうか?

shutterstock_1206130285

ライター:藤崎陽菜
ネイリストとして働く傍ら、美容・恋愛ライターとしても活動中。ママ友とのおしゃべりは大好きだけど、最近でき始めているママ友派閥のとりなし役になっているのが悩みの種。公務員の夫と、2歳になる娘と三人暮らし。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る