コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

離婚は夫から切り出させよ?! 慰謝料ゲットを目論む妻の罠【弁護士監修あり】

コミュニケーション

2018.10.23

2021.03.24

夫のモラハラな日常を記録・録音(琴美さん/37/テーマパークスタッフ)

 

夫は潔癖症で神経質、新聞の折り目が少し曲がっているだけで文句を言われるほどです。仕事も育児も手いっぱいなので、家じゅうピカピカに磨き上げるなんて無理な話ですが、少しでも汚れていると許してくれません。

私はどちらかというと大雑把な性格なのですが、かなり努力してきたつもり。がんばってやりとげても「当たり前だ」という顔でスルーされ、ほめてくれたことは一度もありませんでした。

我慢の限界がやってきたのか、私は原因不明の発疹に悩まされるように。病院に行きましたが「原因不明です」と言われるばかり…「なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだろう?」と悩み、離婚を決意。

shutterstock_1141989089

でも、夫に切りだしたところで、すぐ却下されてしまいました…社会的な立場や人目をものすごく気にする夫のこと、当然といえば当然の答えでしたが、愛がない結婚になんの意味があるのでしょう。

「なんとしても離婚したい」、その思いから、旦那の異常ぶりを録音したり、メモしたりするようになりました。モラハラの証拠があれば、慰謝料の可能性もあると聞いたので…いまはこれをためて、離婚への準備をしています。

<井上弁護士のコメント>
いわゆるモラルハラスメントを理由に離婚をしたり、慰謝料を請求したりするのは、現実問題として難しいところがあります。それは、モラハラが日常生活の問題であるために、「程度の問題」や「そもそも証拠がない」など立証が難しいことが主な理由。そのため、琴美さんのように夫の言動を録音やメモで残しておくことは、非常に有効な手段といえます。

NEXT>>〝ハニートラップ〟を仕掛けて…

2 / 4 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る