注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

働く妻の離婚の決断が「なぜか土日に下される」深すぎるワケ

コミュニケーション

2018.10.21

「私はこんなに頑張っているのに…」
「旦那はどうして何もしてくれないの?」
普段から感じている夫への不満と憤り…それがふつふつと膨らんで、臨界点に達してしまうのがなぜか「土日(休日)」なのだとか。働くママが離婚を決意した、休日の出来事とは!?

 

土日になると旦那の自分勝手さが見える(結衣さん/32/営業職)

 

わが家はお互い営業職で、ふたりとも毎日車を運転します。「休みの日にまで運転したくない」と旦那が言うので、土日のお出かけはいつも私が運転していました。私だって、休みの日まで長時間の運転はしんどいです。

それでも休日くらい、子どもを遊びに連れていってあげたいし、小学校に入れば友だちと遊ぶようになってしまうだろうから、小さいうちにできるだけ一緒に出かけたいと思っていたんです。

shutterstock_1167601324

でも、そう考えているのは私だけ。お出かけひとつとっても、旦那と私では子どもに対する愛情や熱量の差が大きく…歩きたくない・出かけたくない・運転したくない、と旦那に言われ続け、土日は特にうんざりしていました。

一緒に出かけてくれているうちはまだよかった…と思うこともありました。しかしだんだん、ゴルフに行ったり、自分の都合で家を空けたり、深夜まで帰って来なかったり。

そしてある週末、ひとりで出かけてしまった旦那の自分勝手な行動に耐えられず、プツンときて離婚を決意。平日も遅く、休日にも家にいないなら、そもそも旦那なんていらないです。

「休みの日くらい好きなことしていいだろ」(明歩さん/35/編集業)

 

私の仕事は休日が固定の曜日ではないので、自分で好きなようにスケジュールを組めるのがいいところ。週に1日は絶対に、旦那と子どもと休みを合わせて完全オフの日を作って、その日を「家族サービスの日」にしています。それが土曜日だったり日曜日だったりとバラバラではありますが、土日祝日が休みの旦那と合わないということはありません。

それなのにある日、旦那の趣味の「車の展示会がある」という理由で、家族で出かける予定をドタキャンされたことがありました。「平日にすれ違いが多かったから伝え忘れていたんだろう」とそのときは深く考えず、「残念だな」くらいに思っていたんです。

でも気づくとドタキャンが増え、出かける約束をしていたのに気づいたらふらっといなくなってることも…電話すると留守電で、折り返し来たメールには「いまパチンコ。なに?」と。

shutterstock_744481102

「なに?」と聞きたいのはこっちのほう。問い詰めると「休みの日くらい好きなことしてもいいだろ?」と開き直る始末。「家族で休みを過ごそう」という気持ちがまったくなく、自分が楽しければそれでいい、私どころか子どものことさえどうでもいいんだ…と気持ちが冷え切ってしまいました。「もうこの人と一緒にいても仕方ない」と、離婚を決めました。

「休日にせかせかするな」と言われても…!(朱里さん/45/事務職)

 

「休みの日はゆっくりしたい」という気持ちはお互い様。毎週出かけるわけでもないし、家で過ごすこともしばしばです。でも、休みだからといって、家事をしなくていいというわけではありませんよね。なのに「休日なのに、お前がせかせか動いているのを見てると責められてるように感じるから、目の前で家事しないでくれない?」と言われたんです。

そうは言っても、リビングのソファで寝転んでテレビ見ている旦那、見えないところで家事をするなんて無理な話です。

shutterstock_3101409

「じゃあ寝室にでもいたら?」と言うと「じゃまだから追いやるの? そんなに俺のこと嫌いなら出ていけば?」とめちゃくちゃな理屈まで飛び出す始末。このときばかりはさすがにびっくりして、なにを言われたかわからないくらいでした。その後もなにかにつけて、私を悪者に仕立て上げる旦那…もともと口数も少ないのに、口を開けば非難ばかり。もううんざりです。

家は旦那の名義だったので、私と子どもが出て行くことに。深々とお辞儀をしたのを覚えています。その後、一発殴られましたが「これ幸い」とばかり、調停離婚はトントン拍子に進みました。そして先々月、離婚が成立。二度と顔を見たくありません。

平日が忙しい働くママの場合、常に感じている夫への不満を、じっくり目の当たりにしてしまうのが「休日」というわけなんですね。休息を取りたい貴重な休日ですが、それでも家族サービスしてあげたいと考えるママたち…夫たちのがんばりに期待したいものです。

shutterstock_1165451074 (1)

ライター:武田みゆき
女の子と双子の男の子、三人の育児に励むシングルマザー。旦那を見切って、保険のお仕事と、医療・美容コラムのライターのお仕事を兼業中。毎日、一進一退中!? 働くママ、がんばります!

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る