2018.09.28

シングルマザーから結婚へ! 失敗しないための心得を先輩ママに聞いてみた

ワケあってシングルマザーになったとしても、もう一度結婚したいと思っているシングルマザーは少なくありません。今度の結婚は自分ひとりではなく、子どもも一緒です。そのため再婚は難しく高い壁のように感じるシングルマザーも多くいます。

再び失敗するなんてことにならないために、なにを意識してきたのか、その心得を先輩ママに聞いてみました。

「何があっても子どもが一番」と言える私でいる(美代さん / 31 / 営業職)

shutterstock_1079413055

前の旦那とは授かり婚。2年ももたずに離婚してしまいました。子どもが1歳ちょっとで離婚したので、当時はてんやわんやな生活でした。結婚はもういいかな…と思っていましたが、やはり女の独り身は寂しくて。再婚を考え始めたのは子どもが4歳になったころだったと思います。

勤務中に、買い物しているときに、インターネット上で、と求めていれば出会えるものですね。そのときに世の中にはいろんな人がいるなとあらためて思い知りました。特定の人とある程度いい関係になったとしても、子どもがいると知ると少しずつ距離を置く人が多かったように思います。

目先のことにとらわれてしまっていた私は、子どもさえいなければとまで思ってしまうことも。だけど、この子のいない暮らしは考えられないと、子どもの寝顔を見ては反省する日々でした。

当たり前のことですが、「何があっても子どもが一番!」と母親として胸を張って言える私でいよう、と心に誓いました。

自立している大人なら自分のことは自分でできる。でも子どもはそうはいかない。だから私は子どもが一番だし、この子は私が守っていくという気持ちを正直に話すようになりました。そうしていると、今の彼に出会えました。

子どもが大好きな彼(離婚歴あり)は、前妻との間に子どもを授かることはなかったので、私の子どもを本当にかわいがってくれました。私たちは長い交際期間を経て、家族になりました。わが子のように子どもを愛してくれる主人といると、「結婚して本当によかったな」と思えます。

Chanto