注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

雑すぎっ、ちゃんとやってよ! 旦那のやり残し家事のフォローにイライラ爆発

コミュニケーション

2018.09.25

旦那が家事をフォローしてくれるなら、お互いの疲れもフェアになり、夫婦関係も円満に…。そんな理想どおりになってくれるといいのですが、どうもそうならない家庭も多いようです。旦那の雑な家事に余計にイライラしてしまう、そんなママたちの不満を紹介します。

洗い物の後が、まるで水遊びのようになっています(沙希さん / 34 / 会社員)

shutterstock_759438505

私の仕事は帰宅時間が不規則で、旦那はほぼ定時で帰宅できる仕事のため、私の帰りが遅くなるときは、息子のお迎えや、お風呂準備などをお願いしています。できることは手伝ってくれる旦那なのですが、料理はほとんどできません。

どうしても夕食づくりは私の担当になってしまいます。疲れて帰ってくると、夕食を作る気力もないのですが、息子の笑顔を見ると「よし、もうひとがんばり!」と思えます。

そんな私を気づかって、旦那は夕食後の片づけをすすんでしてくれることも。そうして、食器を洗ってくれるのはいいんですが…。毎日洗っているわけではないので、不慣れというか、洗い終わった後のシンクの周りは水浸しでたいへんなことに。

食器に泡の流し残しもあり、洗い残しまで! 結局半分くらいまた洗わないといけないので、余裕のない朝は本当にイライラしてしまいます。 旦那もイラッとするのか「なんでまた洗ってるの?」とか聞いてくるし、「ちゃんと洗ってないからよ!」と言い合いになり、余計にストレスが溜まる原因になりますね。

使った後の掃除機やモップはちゃんと片づけて!(苗さん / 36 / 看護師)

shutterstock_1049492414

お互いに共働きなので、家事は公平に分担しています。お互いの家事の担当を決めています。私は主に食事の用意に洗濯をしています。旦那は料理はできないことはないんですが、後始末ができませんし、洗濯物もキレイにたためません。

旦那の担当は掃除なんですが、そのいい加減なところというか、雑なところは掃除にも出てしまっていて。たとえば、掃除機をかけるのはいいんですが、部屋の端っことか、ちょっと体を伸ばしたり、かがんだりしないといけないところはゴミが残っています。いわゆる「部屋を丸く掃除する」典型的な人なのです。

おまけに掃除機をかけたあとは出しっぱなしだったり、いっぱいになった紙パックをいつまでも変えないなどは日常茶飯事。床拭き用のモップも替えがあるのに、いつまでも替えないので、余計に床を汚してるんじゃ? と思うことも。

結局、私が休日に掃除機をかけ直したり、モップを替えたり、旦那はダラダラしているだけ。掃除をし直してる私を見て「きれい好きだね」という言うので、「あんなの仕事の尻拭いをしてるんだよ!」と言ってやりたいです!

見えないところに詰め込み、見たくないところは放置(美智子さん / 32 / 飲食店勤務)

shutterstock_601072265

「オレってきれい好きなんだよね」という、結婚前の旦那の言葉を信じていた私がバカだったと思います。たしかに、付き合っているときはそこそこ旦那の部屋はきれいでしたし、片付いていることが多かったんです。

でも、その秘密は「見えないところ」にありました。授かり婚だったので、育児・家事・仕事の分担は初めから話し合って、掃除は家の半分をお願いしました。でも、私が出産後、病院から戻ってきたときに、旦那のいい加減さがハッキリわかってしまったんです。

一見、入院前と変わらない状態を保っていた我が家でしたが、押し入れを開けてビックリ! 脱いだあとなのか、洗濯したあとなのかわからない服が乱雑に詰め込まれ、小物やら道具やら、ゴミ袋まで。おまけにお風呂の排水口や、トイレも手付かず。

どうやら、旦那にとって「掃除」とは、自分の目に見えなければ「きれい」になったということのようです。「なによこれ!」とブチギレたのを覚えています。その後も細かに指示をしないと、すぐ見えないところに放り込んだり、自分が見ない場所はほったらかしなので、イライラする毎日です…。

家事だって立派な仕事。1から10までを完了させて、やっと「できた」と言えますよね。とはいえ、同じ家事をやるにしてもレベルは夫婦間でさまざま。旦那の雑な家事にイライラすることもあるかもしれませんが、どこまで”教育”できるかがカギかもしれませんね。

shutterstock_1086746663

ライター:芳野 美穂

ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る