注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「あんたバカァ?」家庭内でホウ・レン・ソウができないダメ夫エピソード

コミュニケーション

2018.09.25

会社に入ると一番先に教わる仕事の基本「報告・連絡・相談」。社会人としては当たり前のこの行動ですが、家庭内となると、これができない夫が意外と多いそうです。そこで今回は、そんな「ホウレンソウ」ができない夫を持つママたちに、イラッとしたエピソードを聞いてきました。

あなたの吉日は、私の地獄(加奈子さん / 31 / 事務員)

shutterstock_116201437

私の旦那の趣味は水槽です。大きな水槽の中でサンゴ礁や海水魚を飼育していて、たしかに見た目はきれいだし、私もときどき見て癒されているのですが、問題はこの趣味、とてもお金がかかるんです。

旦那が昔から、魚や海の生物が好きなのは知っていましたが、ある日突然家に大量の水槽機材が送られてきて。旦那に「どうしたの?」と聞くと「買った」と一言。

しかも、そのお値段にびっくり! 機材一式で100万円もするんです。買うことを聞いてもいなかった私は、旦那と大ゲンカ。でも旦那は、「ごめん」というばかりで、ちっとも悪いと思っていないご様子

買ってしまったものはしかたないので、これ以上は止めてといって仲直りしたのですが、旦那の暴走は止まりません。水槽を設置して以来、水槽をのぞくたびに見たことのない魚やサンゴ礁が増えていくんです。しかも、そのひとつひとつの値段が数万単位。もう、泣けてきます。しかも、購入は共有のクレジットカードで、もちろん、なんの相談もありません。

月々の電気代や、エサ代だってバカにならないし、さすがに頭にきた私が「なんで勝手に買うの! せめて事前に相談くらいしてよ!」と絶叫すると、「だって、思い立ったが吉日じゃん」とのこと。悪びれる様子もなく口にする旦那の姿を見て、離婚の二文字が頭をよぎったのでした。まぁ、離婚する勇気もなく、そのまま増えていく魚たちに暴言を吐く日々ですが…。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る