注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

週末はママだって遊びたい! 旦那さんに子どもを見てもらうための3つの秘策

コミュニケーション

2018.09.15

2018.09.21

怒涛の一週間がようやく終わり、やっとおうちでゆっくりできる…。そう思ったのに、なぜか一日中子どもの面倒に追われて、週末が終わっていく…。そんなのイヤだ! ママだって遊びたいですよね! 遊び上手なママさんに、旦那さんに子どもを見てもらうための対策を聞いてみました。

子どもと言っても男同士。共通の趣味を持たせました。(麗佳さん / 35 / 会社員)

shutterstock_1177939813

うちには一人息子がいて、ちょうど6歳になったばかり。いろんなことに興味を持つ時期ですし、難しいことも尋ねてきます。好奇心も旺盛なので、実験と称して驚くようなこともして、赤ちゃんだった頃とは違う意味で目が離せません。

週末くらいはその監視業務から解放されたいのですが、旦那はなかなか自分から息子と遊ぼうとしてくれません。そこで旦那の趣味であるカメラを、息子にも持たせてみることにしました。

最初は家のなかのものや、人形をよろこんで撮っていましたが、そのうち外の花や野良猫などを、撮りたがるようになりました。そんな息子を見て、旦那もうれしいらしく、「一緒に公園に行こうか!」と、息子を連れて行ってくれるように。

目的はもちろん、いい写真を撮ることなので、帰ってきたら写真の品評会が始まります。品評会の最後には私がBEST3を決めています。ふたりで写真について話している姿はとても楽しそうですし、私も週末は自分の時間が作れるので、一石二鳥です!

仲のいいママ友と一緒に「遊べるパパ」育成大作戦!(千恵美さん / 34 / 飲食店勤務)

shutterstock_1144789052

うちは女の子ふたりなんですが、少し年が離れています。上の子は小学校3年生ですし、もう自分からいろんな遊びをして、仲のいい友達もたくさんいます。下の子はまだ4歳で、親に遊んでもらいたがる年頃です。旦那は女の子の遊びがよくわからないらしく、あまり相手をしてくれません。

上の子は活発なタイプで、ボール遊びや自転車などが好きで、旦那も無理なく付き合えたんです。でも下の子は、お人形とか、ままごと遊びが大好き。旦那にとっては遊びにくく、私が相手をすることがほとんどで…。

その話を仲のいいママ友にすると、彼女の家も似たような状況なのだとか。そこで、「遊べるパパ」に教育してみよう! という話になり、休日に集まって一緒に女の子との遊び方を、旦那たちにレクチャーする会を開催しました。

「もっとこんなふうに遊んでよ!」と、直接自分の夫だけに言うよりかは、かなり平和に楽しく伝えることができ、旦那も少しずつ遊んでくれるようになりました。旦那同士も仲良くなったみたいで、とってもいい効果がありましたよ!

旦那の遊びも許してあげて(郁美さん / 35 / 飲食店勤務)

shutterstock_1150899062

旦那はなにかと理由をつけて、子どもたちの面倒をみようとしませんでした。5歳の娘と、3歳の息子がいるのですが、子どもたちは一緒に遊びもするのですが、よくケンカもするので仲裁にはいらなければいけません。

とはいえ接客業の私は、仕事ですっと立ちっぱなしで、週末は心身共にぐったりしています。なんとか、週末くらいゆっくり休めないだろうかと、旦那に子どもたちの面倒をみてもらう方法を考えました。

気持ちよく遊んでもらうには、旦那のご機嫌取りも大切と、まずは「旦那をほめること」から始めました。主に家事・育児の面で「そういえば、〇〇してくれたのすっごい喜んでたよ~! 子どもと遊ぶの上手じゃな~い」とほめちぎります。

これが気難しい旦那に効果的で。すっかり気をよくして、いつもより多めに子どもたちと遊んでくれるようになりました。

平日の夜は門限がある我が家ですが、週に1日か2日は遅くまで飲み会OKとか、月2回は週末遊びに行ってきていいことを提案しました。交換条件として遊びに行かない日は、子どもたちの面倒を旦那が見て欲しいと交渉してみたんです。

交渉もうまくいき、週末は、私も遊んだりのんびりできるようになり、かなりイイ気分です!

子どもの相手をしてくれない旦那さんは、子どもとの接し方があまりよくわからないのかもしれません。不安があるとストレスになるので、余計ママに押し付けがちになるのかもしれませんね。

「あなたもできるわよ!」という自信をつけさせてあげたり、前向きになれる環境を整えてあげるのがよさそうですね!

shutterstock_1166013406

 ライター:藤崎 陽菜

ネイリストとして働く傍ら、美容・恋愛ライターとしても活動中。ママ友とのおしゃべりは大好きだけど、最近でき始めているママ友派閥のとりなし役になっているのが悩みの種。公務員の夫と、2歳になる娘と三人暮らし。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る