注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「結婚指輪をしない理由をお教え下さい」 不安に苛まれる夫からの質問

コミュニケーション

2018.08.22

2018.10.02

20180822yubiwa01お互い想い合う2人の愛の象徴とも言える“結婚指輪”。キラリと光る薬指の指輪は愛の証ですが、様々な事情によって外してしまうことも。指輪を外す人には、どういった理由があるのでしょうか。

 

結婚指輪をしない理由とは?


ネット上の「女性に質問です。結婚をしていても、指輪をつけていないのは、なぜですか? 理由や心理などをお教え下さい」という質問が話題になったのは今年7月。質問者の男性には接客業で働く妻がおり、奥様は男性のお客さんから話しかけられるなど人気があるそう。奥様は仕事上装飾品を外しているのですが、ある日プライベートでお客さんと遭遇。指輪を見て、「結婚してたんだ…」と驚かれたと明かしています。

 

そのお客さんの反応に「独身男性からすると、そのような目線になるのか」と感じた男性は、ネット上で意見を募集。すると女性を中心に、「料理する時に邪魔になるから外してます」「乳幼児の時期はオムツなどのお世話もあって手を頻繁に洗いますし、その都度指輪を着脱するのも面倒でやめました」「子どもの敏感な肌を傷つけそうだし、基本つけません」「結婚指輪を傷つけるのも嫌だし、大切にしまってる」といった意見が集まっていました。

多くの人は指輪をつける!?


ネット上には様々な声が上がっていましたが、実際に指輪を外している奥様はどれくらいの割合で存在するのでしょうか。結婚式場選びのサイトを運営する株式会社みんなのウェディングは、2014年に「みんなのウェディング『指輪に関する調査』」を実施。同アンケートでは結婚指輪の着用について、「毎日・ほぼ毎日、結婚指輪を身につけている」人が73.2%を占めると明かしています。ちなみに外出時のみつける人は13.0%、プライベートのみつける人は9.2%という結果に。同アンケートでは女性の回答者が9割以上となっていたため、多くの女性が普段から指輪をつけているようです。

 

回答者の中には、「毎日つけていても飽きないし、見るたびに幸せになる」「結婚指輪はどうしても毎日つけていると傷がつきますが、キズが増えれば増えただけ一緒にいる時間やお互いの為に頑張っている時間の証明になる」といった幸せそうなコメントを残す女性も。

 

生活上の便利さを取る人と、思い出として大事につける人。人によって指輪への思い入れは異なりますが、たまには指輪を眺めながら結婚当初の気持ちを思い出すのもいいかもしれませんね。

取材・文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る