注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

大切な「婚姻届」がたどる衝撃の運命に山田孝之・菅田将暉も呆然

コミュニケーション

2018.08.20

2018.09.21

20180820konin01

夫婦になるための最初のステップとして、各市区町村の役場に提出する「婚姻届」。間違えないか緊張しながら記入したり、ドキドキと胸を高鳴らせて受け付けに差し出した人も多いはず。そんな思いが込められた大切な婚姻届ですが、提出したあとはどうなるのでしょうか?

 

「婚姻届」が迎える衝撃の結末


7月24日に放送された『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系)では、俳優の山田孝之さんと菅田将暉さんをゲストに迎えて“気になるギモン大追跡SP”を展開。その中で、「提出された婚姻届の行方」を追跡しました。

 

山田さんは受理された婚姻届について、「簡単に燃やしたり捨てられないんじゃないか」と推測。なお日本で受理されている婚姻届は年間で約60万枚にのぼり、積み上げるとその高さは20階建てビルに相当するそうです。

 

取材先の新宿区役所では戸籍を作成するためにまずはデータ化されて、婚姻届そのものは最低でも1カ月保管。その後再確認のため法務局へと移され、“5年間保管される”とのことでした。しかし保管期限を迎えた婚姻届が迎える結末は、なんと「溶解処分」(一例)。番組では厳重管理の状態で工場に運ばれ、保管箱ごと処理されていく過程も映し出されています。

 

結果的にはトイレットペーパーなどに再生されますが、婚姻届は“消えてなくなる”という事実にネット上では「あんな緊張して書いたのに、ドロッドロに溶かされるなんて」「そりゃ膨大な量になるから仕方ないけど、ショックが大きすぎる」「あ… 私の婚姻届あと1年で溶かされるわ」「私の大切な思い出がトイレットペーパーになるとか切なすぎじゃない?」といった反応が続出。

 

スタジオでVTRを見守っていた菅田さんも「全部!?」と驚きの声を上げ、既婚者の山田さんは「私のはもう溶かされてますね」とどこか寂しそうにつぶやいていました。

“恋人の聖地”で提供されている「星の婚姻届」


婚姻届の記入・提出は、結婚しようとしている2人にとって一大イベント。できることなら、大切な思い出として手元に残しておきたいのが本音でしょう。提出した婚姻届が戻ってくることはありませんが、代わりに趣向を凝らした婚姻届の取り扱いを行っている自治体も。

 

山口県光市では、希望があればオリジナルデザインの記念台紙に届書をコピー。保存用の記念ファイルとともに渡すというサービスが実施されています。事務的に処理するのではない、役場側のひと工夫が2人の新しい門出を祝ってくれているようですね。

 

長野県阿智村では、「日本一星の綺麗な村」という特性を生かした「星の婚姻届」を制作。美しい星空をイメージしたデザインで、提出用と保管用の2種類が阿智村公式サイトで公開されています。阿智村は“プロポーズにふさわしいロマンチックなスポット”として、「恋人の聖地」に認定されているのでコンセプトもぴったり。村民に限らず誰でもダウンロードできるのも嬉しいポイントです。

 

これから婚姻届を記入する人は、大切な記念品として手元に残す方法も一緒に検討してみては?

 

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る