注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

“つわり”中にわかる夫の本性!妻の8割は腹の底で夫をどう思ってた!?

コミュニケーション

2018.08.02

2018.10.02

20180801tuwari01

妊娠初期の頃に多くの女性が経験する“つわり”。匂いに敏感になったり吐き気が生じたりとつらい症状がいくつもあるので、誰かにサポートしてほしくなりますよね。世間の女性は、一体どんな風につわりを乗り越えているのでしょうか?

 

つわりの時期に夫の本性がわかる?


とある女性が“つわり中なのに夫が協力してくれない”という悩みを打ち明け、話題を呼んでいます。女性はつわり中でも摂取できるものを自宅にストックしているそうですが、気がつくと夫が食べてしまっているそう。また夫が仕事に行くときは、「これやっておいて」と一方的に要望を押しつけられてばかり。今後の結婚生活にも不安を抱いたようで、「夫の世話を毎日続けていくのが本当につらくなっていきそう」と吐露していました。

 

女性の告白に対して、ネット上では「旦那さんは自分のことしか考えてなさそう。一緒にいてもストレスしかないだろうし、実家に避難してみたら?」「つわりがどれだけつらいのか理解させた方がいい。根気強く伝えるか、冊子とかで勉強させるのもアリだと思う」などのアドバイスが寄せられています。

 

同様につわり中に苦労した経験がある人は多いようで、「口では手伝うって言ってたのに、実際には何もやらないダメ夫でした」「何も手伝ってくれないし思いやりゼロ。本性が見えたから子どもが生まれる前に離婚しました」といった声も。

 

そのいっぽうで“夫が協力的だった”という人からは、「家事全般をやってくれたし、旦那のおかげでつわりを乗り越えられた。文句も言わずに気づかってくれたことが本当にありがたい」「すごく献身的に色々助けてもらった。この人と結婚してよかったと実感できた気がする」などの声も上がっていました。

つわり中に夫は協力的だった?


実際に協力的な姿勢を見せてくれる夫は、どれくらいの割合で存在するのでしょうか? 株式会社エムティーアイが健康情報サイト「ルナルナ ファミリー」のユーザーを対象として行った、「“つわり”について」の調査結果を見てみましょう。

 

つわりの時期にパートナーがサポートしてくれたか尋ねたところ、「十分にサポートしてくれた」と回答した人は44.6%。「どちらかといえばサポートしてくれた」の38.4%と合わせると8割以上の人が満足しているようす。具体的なサポートの内容については、「家事を手伝ってくれる」という回答が36.6%で最も多くなっています。

 

また「つわりの時期に前向きになれたエピソード」としては、家族の協力に支えられたという体験談も。「3歳の息子がつわりで泣いていた私を見て、タオルで涙を拭いて布団をかけてくれた。感動して泣いてしまいました」「外出できずふさぎ込みがちだったとき妹が家に来て、テレビを見たりして一緒に過ごしてくれた」などの声が寄せられていました。

 

1人で抱え込まずに、家族みんなで支えあって困難を乗り越えられるといいですね。

取材・文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る