コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「休日くらいゆっくりさせて」夫の発言に、共働き妻はどう反撃する?

コミュニケーション

2018.07.25

2018.09.10

疲れているのはお互いさま。休日くらい休みたいのはわかっちゃいるけど、夫だけがダラダラ、ゴロゴロ…おまけに出てきたセリフは「休日くらいゆっくりさせてよ」。

そんな夫にシャキッと気合を入れるには、どうすればいいんでしょう!? 「夫ゴコロにササったひと言」をまとめました!

けもできないパパってどう思う?」(尚美さん/33/会社員)

うちの旦那はズボラでいいかげん。普段から、服を脱いだら脱ぎっぱなし、食べた後の食器もほったらかしです。毎日文句をいいつつも、結局私が後片付けをするのが当たり前。育児や家事に追われて、ケンカしてる暇もありません。

休みの日も私は、平日こなしきれなかった家事を片づけたり、翌週の保育園の準備をしたりと大忙し。なのに、旦那ときたら…ダラダラテレビを見ているだけで、脱いだパジャマもソファにそのまま。5歳の娘が退屈そうにしているのに、遊んであげようとすらしません。

そこで旦那にではなく、娘に「ねぇねぇ、自分の脱いだ服も食べた後もお片づけできないパパって、どう思う~?」と聞きました(もちろん旦那にも聞こえるように)。

shutterstock_765272821

すると娘はくるりとパパに向き直って「ちゃんとしないとダメ!」とササる一撃! 娘、ナ〜イスアシスト!! 旦那はさすがにバツが悪かったのか、その後は脱いだ服を洗濯カゴに入れたり、食べた後の食器をキッチンに運んだりするようになりました(毎日というわけではありませんが…笑)。

休日の家事手当はあなたの小遣いから徴収ね」(亜紀さん/30/公務員)

うちは家事の役割分担を決めてあります。私は洗濯・食事・3歳の娘の面倒、旦那は掃除と5歳の息子を遊びにつれて行ったり、お風呂に入れたりする担当です。ただ、ふたりとも働いているので、すべてを計画どおりにできるわけではありません。できなかった家事は、当然休日に持ち越してシワ寄せがきます。

ところが平日はきちんと役割を決めているのに、やりきれずに休日に持ち越した家事は、なぜかすべて私の仕事。旦那は、「自分のほうが仕事もハードで、たくさん稼いでいるんだから、休日は少しくらいゆっくりさせてほしい」と言うんです。

稼ぎのことまで持ち出すなんて!! それならばと「じゃあ、休日に私がした家事は、休日手当として小遣いから引くからね!」と言うと、「そんなの関係ないだろ!?」と、あわてたのか食い気味の反応(笑)。

shutterstock_744198388

「本来あなたがする仕事を私がやって、その分のお金を徴収するんだからフェアでしょ? 別にゆっくりしたいならどうぞ」と言い返すと、しぶしぶ自分の担当分の家事を休日もやるようになりました(笑)。

「〇〇さんちの旦那さんね…とプライドをくすぐる(沙織さん/29/販売員)

うちには双子の女の子がいます。双子は育児にかかる手間も2倍、でも物心ついてからはふたりで仲良く遊んでくれるようになっています。それをいいことに、旦那は休みの日でも娘たちに構いもしません。

女の子って小さい頃はパパが大好きですよね、うちの娘たちもそう。ふたりともパパに遊んでもらおうと寄っていくのですが、子どもと遊ぶのが苦手な旦那は適当にあしらうばかり。

shutterstock_497174785

それなら私が遊んであげるかわりに、家事を手伝ってくれればいいのに…そんなことは気づきもせずに、だらだらとテレビを見たりゲームをしたり。結局娘たちは私のところにやってきますが、家事で手一杯なので相手してあげられません。

そこで、「〇〇さんちの旦那さん、子どもの扱いがすごくうまいの! 休みのたびに子どもたちと遊んでくれるんだって~」と、ママ友のご主人を〝拝借〟してイヤミっぽく言ってみました。

すると男のプライドに触れたのか、「イヤ、別に!俺だってできるし!!」と、急に娘たちを呼び寄せて、不慣れながらも遊んでくれるように…もちろん娘たちは大喜び! 上手く遊べないのがカッコ悪いと思っていたのかもしれませんね。

直球で「少しは手伝って!」などと言っても、なかなか動いてくれないのが〝夫〟という生き物。ヘソを曲げられては何かと厄介ですよね。動かすコツは、「性格を見極めて効果的なひと言」を繰り出すこと。みなさんもじっくり夫を観察して〝究極のササるひと言〟をご検討ください!

shutterstock_1086498836

ライター:芳野美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る