注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

家事放棄の夫はパートナー不適格者!?共働きの家事分担はあたりまえの時代に

コミュニケーション

2018.06.08

2018.09.21

20180608kaji01世の中には様々な夫婦の関係がありますが、家事をしっかり分担するのはもはや普通のこと。そんな中、ある夫婦が直面した“家事分担”にまつわる問題がネット上で話題になっています。

 

“夫婦間の家事分担”に関する投稿が話題


今年5月、女性用掲示板に投稿された“夫婦間の家事分担”に関する相談に対して共感する声が続出。結婚して1年になる投稿者の女性は、共働きのため家事はお互い協力しながら「できる方がする」というのが約束でした。しかし実際はほとんどの家事を投稿者がやるはめに。勤務時間も通勤時間もほぼ同じということもあって、投稿者は腹を立てたそうです。

 

さらに家事が分担されないまま旦那さんから「子どもが欲しい」と言われた女性は、今の状態に子どもの世話が加わることにゾッとし別居を決意。他にも「家事くらいで別居とは笑われますが、そのくらい嫌だった」「何もしない夫に愛想が尽き、子どもなんか欲しいと思えない」「客観的に見て私はわがままですか?」といった想いを投稿した女性に向けて、ネット上では様々なコメントが寄せられました。

 

いちばん多かったのは、「私も同じ経験をして早々に離婚しました」「共働きなら家事も“共家事”、育児も“共育児”じゃないと身がもたないよね」「家事分担できない夫は共働き夫婦のパートナーとして不適格者」「離婚もやむなし。別居を選択した投稿者の判断を支持します」などの投稿者に共感する声。

 

いっぽうで「家事分担の割り振りに問題があると思う。投稿者が料理をしたら、夫は洗い物… というような形で家事分担を見直したらどうかな」「うちは仕事終わりに外で待ち合わせして、一緒に買い物してから旦那と一緒に夕飯作ってる」など、夫婦間でうまく家事分担をするための工夫なども多く上げられていました。

 

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る