コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「夫婦生活が数年経ったら、妻と手を繋ぐなんて…」とこぼす夫に悩みよ届け

コミュニケーション

2020.12.07

2020.12.08

食事は一緒にとるのが大事?

夫婦仲を保つために大切なスキンシップですが、実はストレス値にも影響を与えるよう。株式会社メディプラス研究所は以前、「“ストレスオフ夫婦”の傾向」について調査を実施していました。

 

まず2016年におこなった「ココロの体力測定」でパートナーとのスキンシップ頻度を尋ねたところ、低ストレスの女性は「週4日以上」と答えた人が44.3%。一方で高ストレスの女性は「スキンシップしない」が40.8%と約4割近くを占めています。

 

実は親しい人との触れ合いやおしゃべりなどには、“愛情ホルモン”と呼ばれるオキシトシンを分泌させる効果が。ストレスを軽減させるためにもパートナーとは積極的にコミュニケーションをとっていきたいところですが、低ストレスの人はどのように夫と接しているのでしょうか?

 

「ココロの体力測定2018」で低ストレス女性の「パートナーとのコミュニケーション」を見ると、「食事はなるべく一緒にとる(56.1%)」「結婚記念日は毎年祝う(47.7%)」など夫とともに過ごす時間を作っている人が多数。逆に高ストレス女性は「ほとんど会話がない」という回答が低ストレスの人よりも高い割合に。

 

毎日の生活でのストレス軽減のためにも、パートナーとは仲良く過ごしたいものです。

 

関連記事:

パートナーに「助けて」が伝わらない…産後危機から夫婦関係を再構築するまで

結婚5年目で夫婦別寝という結論に至った私の理由

 

文/牧野聡子

参照/株式会社メディプラス研究所「“ストレスオフ夫婦”の傾向」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000118.000018482.html

2 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る