コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【体験談】妻たちが語る〝壮絶なあのころ〟DV夫からの必死の脱出劇

コミュニケーション

2020.03.24

シェルターに駆け込んで、夫に会うことなく離婚(ひとみさん/30歳/介護士)

 

iStock/takasuu

 

夫は腹が立つことがあるとすぐに手をあげてきます。拳で殴ってくるので流血したこともしょっちゅうです。嫉妬心がすごく、男友だちから年賀状がきただけでも「なんだよこれ」などと怒鳴りつけられ、思いっきり殴られたこともありました。

でも、「暴力を振るわれるのは、私も悪いからだ」とずっと思っていました。というのも、結婚前に一度、別れようと思ったことがありまして、そのとき私は他の男性と関係を持ってしまったんです。

そのことが後に夫にバレたのですが、暴力を振るうたびにその話を持ち出してくるんです。その話をされると「私も悪いことをしたから仕方ないな…」と思ってしまっていたんですよね。

でも、ある日「このまま一生、我慢して暮らすのはもう無理だ」と、張りつめていた何かがプツンと切れてしまいました。

勇気を出して、行政の相談窓口に行ったところ「DVシェルター」を紹介してもらい、すぐにお世話になることに。お金はかかりますが、弁護士も立てました。

そのおかげで、夫と顔を合わせることなく、なんとか離婚が成立。シェルターに逃げ込んでも、「夫に見つかったらどうしよう」としばらく怖かったです。

でも、がんばってよかった。いまでは穏やかな気持ちで暮らすことができています。

 

 

>>NEXT 両親に相談して離婚に踏み出せた

2 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る